先物取引の基礎知識

先物取引のトラブルは突然始まった

大学の後輩と称して取引を勧誘する営業マン。先物取引の知識がないのに、知っているふりをする先輩。断り切れなくなって、お付き合いのつもりで入金したら、勤務中でも平気で電話をかけてきて、繰り返し建玉を迫られた。

100万円を証拠金として入金させ、軽くとか言って5~10枚の建玉をさせる。客の建玉が利益になっていると、電話はかかってこないが、2~3日逆に動いて追証になると、途端にうるさいほど煽りたてる。このまま損切りをすれば、100万円が戻ってこないかのような言い方をして、両建て資金として100万円を追加させる。

両建てに乗ってくればこっちのもので、あとは言いなりに売ったり買ったりさせる。昔も今も正規の手数料は恐ろしく高い。仮に「抜け幅100円」とは言っても、手数料を払って儲けるには大変な実力が必要なのだ。客が損をしようがしまいが、10枚の手数料は6~7万円もする。売りと買いとで10回もすれば60~70万円にもなるのだ。

それにしてもこの業者、やり方がセコイ。電話口で客を不安にさせておいて、これ以上損が出ないように両建てすることを薦める。利益になってしまったら、客と一緒に喜ぶのではなく営業の出番がなくなる。こんな不幸なことを繰り返ししなければいけないのだから、営業は強烈な胃袋の持ち主しか勤まらないのだろう。

騙す奴らが圧倒的に悪いのだが、騙される方もおだてに乗ったり、知識があるふりをしてはいけない。いくら知恵があったとしても、簡単には儲からない世界なのだ。普段は「話のわかる良い人」でも、飛び込みの営業マンが来たら「ぶっきらぼう」に追い返して戴きたい。

管理人が受けた相談、コーワ○○の怖いお話しや、いくら仕事でも「オレオレ詐欺」にも等しい演技力で、何度も懲りずにやってる東京コ○○など、竹崎、村木、小山など、悪いやつらが偽名を使って登場します。

騙した方の意見も聞いてみたい?というより、内部を覗き見したい人が沢山います。管理人さんは商品先物取引取次ぎ会社に就職してしごかれたが、リアルな文章(電話の向こうの知らない世界)はとても面白く読めます。商品先物取引の実態を知りたい人が沢山訪問しています。一見正論に見える内容ですが、相当悔しい思いをされたのでしょう、かなりきつい文章も見受けられます。暴露するだけで自己満足に終わっているのが残念です。

すでにだまされてしまった人は、裁判沙汰(やってはいけない!商品先物取引をめぐる紛争)になっています。
~ 「商品先物取引では、委託者の7割から8割は、損失をこうむっています。」とトップでいきなり断言していますが、「残りの2~3割は大儲けしています。」とは読めませんか?言いなりでやるから負けるのです。絶対に儲かるなんていうのは嘘に決まってるでしょ!やってはいけないのは、嘘をつく人とお付き合いすることです。くれぐれもお忘れなーくっ!

[最終更新日] 2017/04/06







-先物取引の基礎知識

関連記事

no image

先物取引は時代の要請

人間は常に頭の中で先を予測したり想像したりしていますが、予測という行為は人間の大脳の代表的な働きのひとつです。春の野菜は比較的安く出回りますが、夏の暑い盛りには野菜の値段が上がります。 「ここ一週間は …

no image

デリバティブの概要

デリバティブとは、金融取引上で発生する権利などを売り買いする金融商品のことです。金融派生商品などといわれ、リスクのヘッジと収益を目的として、通貨、金利、債権、株式を対象として「先渡し」「先物」「オプシ …

no image

相場で勝ち続けるアイデアはありますか?

いくら儲けたいのか?といったら、ひと区切りの1億円とをいうかも知れません。「1億円を達成・・・」などという副題のついた本もあるくらいですから。この手の本を読んだことのある人は多いはずです。なぜなら誰で …

no image

相場で儲けたいということ

日本の資産が海外で投資されるようになって、日本経済は単に物を作って売る工業社会から、いやおうなしに相場というバクチにかかわり合う金融経済社会に急速に変わりました。バクチが嫌いな人でさえ、大切なお金を防 …

no image

先物取引でリスクヘッジ

レバレッジの他に、先物取引のもうひとつの特徴は「リスク回避に最も優れたもの」ということです。たとえば、ある大手の銀行、あるいは生命保険会社が、2兆円の日本株を持っているとします。今、日本株がなんらかの …

先頭へ