先物取引の基礎知識

投資効果と応用

デリバティブには、どんな狙いや効果があるのでしょうか。
その一つは、「将来の危険の回避ができる」働きです。
もう一つが「収益追求の投資行動、つまり投機の対象としての妙味が大きい」という点です。

レバレッジとヘッジ

さらに「投資」に使うのにも、優れた特徴を持っています。それは「少ない資金で大きな取引ができる」ということです。デリバティブでは、為替はもちろん、株式にしろ、債券や、その他の商品(貴金属。各種の穀物や砂糖・コーヒー。綿糸・生糸などの繊維原料、ガソリン・灯油などの工業製品。アルミ・ゴムなどの工業原料など)にせよ、現物の商品を動かすのに比べると、わずかな資金で大きな投資ができます。

もちろんヘッジをするにも、少ない資金を有効に生かすことができるのはいうまでもありません。先物取引を上手に使えば、相場変動の危険回避にも大きな力を発揮します。ところが使い方次第では、わが身を滅ぼす恐ろしい凶器にもなります。デリバティブというのは、その意味で「両刃の剣」ともいえます。

もう一つの特徴は、相対取引では、さまざまな取引形態を必要に応じて生み出せるということです。これにより、事業会社などが、事業用資産調達の不安定さ(たとえば原材料価格の変動などによる製品コストの増減)や、輸出入に伴う資金手当の変動(為替相場の上下による)をワンセットにして、ヘッジすることも可能ですし、魅力的、効率的な投機に使うこともできます。

工夫次第では、さまざまなバリエーションを生み出して、効果を高めることもできます。なによりも大切なのは、デリバティブをどのようにして、経済界に有用に組み込んでいくかでしょう。

[最終更新日]2017/04/03

-先物取引の基礎知識

関連記事

no image

デリバティブの概要

デリバティブとは、金融取引上で発生する権利などを売り買いする金融商品のことです。金融派生商品などといわれ、リスクのヘッジと収益を目的として、通貨、金利、債権、株式を対象として「先渡し」「先物」「オプシ …

no image

先物取引は時代の要請

人間は常に頭の中で先を予測したり想像したりしていますが、予測という行為は人間の大脳の代表的な働きのひとつです。春の野菜は比較的安く出回りますが、夏の暑い盛りには野菜の値段が上がります。 「ここ一週間は …

no image

相場の儲けかたを考える

これであなたにできるすべてが分かりました。ところで、一番下に書いた資金が少なければ、その上に書いた仕事で、できないものもでてきます。資金が豊富にあれば、なにも仕事で収入を得なくても良いでしょう。 つま …

no image

先物取引とは

古くから自然発生的に行われていた商品の先物取引は、金利や為替といった「お金」が商品になると、実体経済を大きく上回リ、近年になって急速に拡大しました。お金の取引を商売としている金融機関はもちろん、政府系 …

no image

先物取引のトラブルは突然始まった

大学の後輩と称して取引を勧誘する営業マン。先物取引の知識がないのに、知っているふりをする先輩。断り切れなくなって、お付き合いのつもりで入金したら、勤務中でも平気で電話をかけてきて、繰り返し建玉を迫られ …

先頭へ