先物取引の基礎知識

相場の儲けかたを考える

これであなたにできるすべてが分かりました。ところで、一番下に書いた資金が少なければ、その上に書いた仕事で、できないものもでてきます。資金が豊富にあれば、なにも仕事で収入を得なくても良いでしょう。

つまり限られた資金では、限られた仕事しかできないのです。在庫不要のネットビジネスをやるにしても、小額の資金を投入してはじめることはできますが、これらの仕事(?)は、無尽蔵と言えるほどありますから客集めが大変です。

さて、あなたがここにきたのは、自己資金で仕事を探すためではなくて、楽して儲ける具体的な方法を見つけるためではありませんか?いろいろなホームページを見て、「これならイケル!」とひらめいたものはありましたか?一言でいえばそんなものはこの世にはありません。誰でも楽したいと考えていて、自分の名誉や欲しいもののためには働きますが、人のためなどと思ったこともない人ばかりと考えて間違いありません。

そして、社会の中では資金を出した側から、その人のために働いた人にお金が流れ、結果的に意識したかどうかにかかわらず、社会のために働かされていて、生かされていることになります。せっかくここまで来たのですから、もう少し分かりましょう。

社会のためとは言っていても、結局儲けたいのは誰なのか。あなたが儲けたいと思うのなら、他人が儲けているのを黙って見ていることはありません。紙に書いたものを上から順に、「あなたが → したかったり欲しいもの」のためにだけ少しずつやるのです。このことを明確にしておかないと、あなたの未来があやふやなものになってしまいます。

[最終更新日] 2017/04/07







-先物取引の基礎知識

先頭へ