先物取引の基礎知識

相場を仕事にする

これまでのあなたは、今の収入以外に、お金を得ることを考えていました。サイドビジネスの情報を検索したり、あるいはもうネットビジネスをはじめていて、もっと儲かりそうなやりかたを探していたのかも知れません。いや、少なくともここに来たということは、先物取引をやっているか、勉強中ではないでしょうか。

でも、まだ実際の売買をする勇気がなかったり、なかなか思ったように儲からなかったりしています。ここでは、できるだけ分かりやすく順を追って「なぜ始じめられないか」「なぜ儲からないか」ということを解明し、どうすれば儲かるかを考えていきます。

最初に、読みかけの相場の本や必勝本があったら、しばらくの間忘れてください。次ぎに、紙と書くものを用意してください。紙は何でもいいのですが、書くものはサインペンかボールペンにしてください。先ずその紙の上端に、名前を書きます。その下に自分がいま欲しいと思っているものを、すべて書き出してください。

20項目くらいありましたか?その下に仕事をしながら収入を得ることのできる、具体的な仕事を書き、その仕事をするために必要な資金を書き出してください。書きましたか?続いて最後に、紙の一番下に自分がいま出資できる金額と、その仕事に当てることのできる時間を書きます。ここまでくれば、賢明なあなたは気づいたと思います。

[最終更新日] 2017/04/07

-先物取引の基礎知識

関連記事

no image

相場で儲けたいということ

日本の資産が海外で投資されるようになって、日本経済は単に物を作って売る工業社会から、いやおうなしに相場というバクチにかかわり合う金融経済社会に急速に変わりました。バクチが嫌いな人でさえ、大切なお金を防 …

no image

先物取引とは

古くから自然発生的に行われていた商品の先物取引は、金利や為替といった「お金」が商品になると、実体経済を大きく上回リ、近年になって急速に拡大しました。お金の取引を商売としている金融機関はもちろん、政府系 …

no image

無茶しても命までは取られない

お金の高ではなく、「飽きないで継続する地道な努力が必要」なのだと教えてくれています。商品先物取引価格、市況等の情報から先物関連のサイトを網羅したリンク集 商品先物でいこう があります。Trading入 …

no image

金融と先物取引

金融とは、おカネを融通することであり「金融機関」とは、おカネの融通に関する業務を行っている会社のことで、私たちが最も多く利用しているのが銀行です。また銀行と同じように融資業務を行なう金融機関に「信用金 …

no image

これだけ知っておけば、怖くはない

商品先物取引の営業の中には、真剣に自分の将来と経済社会における商品先物取引の有効性をいい続けていらっしゃる方もいる。 営業くさいところがまったくないところがとても好きな、小次郎さんのホームページ「営業 …

先頭へ