先物取引の基礎知識

相場で儲ける前に考えておくこと

ここには、日経225やオプションまたは商品などの先物相場は、どうやれば確実に上達できるのかが書いてあります。「相場表の見方」や「注文の出し方」などの基本的な仕組みは、商品取引員のホームページにある「商品先物取引入門」などのコーナーを参考にして戴くとして、このサイトでは、相場を始める前に必ずやらなければならないことと、そのあとのステップアップを考えていきます。

先物相場? 「現物株を買うつもりだから・・・」と勘違いしないで、せっかくここに来たのですから、この部分にだけは目を通してからお帰りください。他を読まなくても、このサイトの概要は理解できると思います。証券会社に意地悪をされるといけませんので、ここで詳しくは述べませんが、「先物の世界」を知ってしまったら、二度と現物株を買おうなどと思わなくなるはずです。

できれば、相場をこれから「はじめようとする人」に読んで頂けると嬉しいのですが、相場の途中で迷っている人や失敗した人の参考にもなると思います。しかし儲かっている人が、ひやかし半分で覗くと,あなたの考えに迷いが生じるだけです。相場に迷ったら失敗することを、儲かっているあなたがいちばんご存知のはずです。そういうわたしも実際に売買をしている、いわばあなたの競争相手ですから、参考になることは何もないはずです。

何事でも失敗を繰り返し、経験を積んで成長しますが、相場の場合は、多くの人が苦い経験をしただけで、上達する前に資金を使い果たし終わってしまいます。その多くは、はじめから儲かることを前提にした売買をするので、失敗したときのことを考えた資金配分をしないからなのです。ありがたいことに、インターネットの普及によって売買手数料が安くなって、以前より遥かに儲け易い環境が整ってきました。

そのインターネットは、人類の知的資産の流通を活性化し、だれもが共有できる礎となっています。インターネットの発展は、真の意味で「メディアの民主化」を達成し、個人でも自分の思うところを、世界に向け自由に発信できます。このサイトで私が果たすべき役割は、ひとりの相場師の相場哲学を発信することにとどまらず、一人でも多くの方に儲けて頂き、知的資産の発展に貢献できればと考えています。

[最終更新日] 2017/04/07

-先物取引の基礎知識

関連記事

no image

金融と先物取引

金融とは、おカネを融通することであり「金融機関」とは、おカネの融通に関する業務を行っている会社のことで、私たちが最も多く利用しているのが銀行です。また銀行と同じように融資業務を行なう金融機関に「信用金 …

no image

デリバティブの概要

デリバティブとは、金融取引上で発生する権利などを売り買いする金融商品のことです。金融派生商品などといわれ、リスクのヘッジと収益を目的として、通貨、金利、債権、株式を対象として「先渡し」「先物」「オプシ …

no image

投資効果と応用

デリバティブには、どんな狙いや効果があるのでしょうか。 その一つは、「将来の危険の回避ができる」働きです。 もう一つが「収益追求の投資行動、つまり投機の対象としての妙味が大きい」という点です。 レバレ …

no image

デリバティブの種類

この二つは通貨、金利、株価、商品価格、株価指数などが対象です。 先渡し取引・先物取引 「先渡し取引」は、取引所のような公的な機関が仲立ちをしません。あくまでも取引するもの同士の約束に基づいて行なわれま …

no image

大儲けはできなかも知れない

得体の知れないサイドビジネスにお金を出すより、元手をしっかりと作って相場を張るべきです。相場は立派な経済行為ですが、儲け話に騙されたとかということも話題になることから、ウサン臭く感じたり、インチキとい …

先頭へ