資金はいくらあればいいのか

信託保全で信用できる取引会社を選ぶ

資金の信託保全と分別保管

万が一取引している業者が破綻したても、投資家が預け入れた資金は「有価証券や金銭」と「業者自身の資産」は分別して管理することが、法律(金融商品取引法第43条の2 )で義務付けられています。

仮に預け入れた業者が破綻したとしても、投資家のお金は保護されており、最悪の状態でも原則として1,000万円までが「日本投資者保護基金」によって補償される仕組みになっています。

信託保全の目的は、投資家の資産(証拠金)の安全を保証することです。そのためのスキームとして、投資家の資産契約先の信託銀行に預けられ、FX業者の固有資産とは区分して、信託財産として管理されます。

信託銀行に預けた資産(証拠金)は、業者が倒産した場合でも債権者が強制執行や仮差押等を行うことはできませんので、もし業者が倒産しても、預けた資金は倒産した業者の給料になったり他の債権者に渡ることなく、信託管理人となった弁護士などを通じて投資家に返還されるということになります。

 

金額が限定されているため、証券会社を複数に分けている投資家も多く、投資対象や金融商品だけ分散するのではなく、証券会社そのものを分散することも賢い選択です。

また、証券会社だけでなくCFDやFX業者なども、信託銀行等に管理を委託し、資金を保全する信託保全が全額保全が義務づけられました。これにより預け入れた資産を失うことに対するリスクは軽減されています。

取引業者を選ぶ際には、最低でも完全信託保全か?日次信託か?信託保全金額の保全範囲は?FX業者の自己資本率は?信託保全先は?などをチェックし確認しておきましょう。

業界最狭水準スプレッド取引手数料0円!全額信託保全で安心安全

[最終更新日] 2018/02/06



-資金はいくらあればいいのか

先頭へ