いつ買い、いつ売るのか

新規注文の仕方

エントリーは「売」か「買」かの2つですが、注文の仕方にはいくつかの方法があります。

成り行き注文 マーケットで表示されている値段で、クリックすれば即座に「売買」が成立する
指値注文 100円の時98円に下がったら「買」98円の時100円になったら「売」と有利になったら売買する注文
逆指値注文 指値注文とは逆に上がったら「買」下がったら「売」という注文
IFD注文 最初の注文が成立したら、損切りか利益確定のどちらかの注文
OCO注文 ポジションを持ったあとに、利食いの指値注文と損切りのための逆指値注文を合わせて行う
IFDO注文 指値注文でポジションを持ったら、利食いの指値注文と損切りの逆指値注文の3つのセット注文

トレードに必要な3つの注文方法

FX業者による多少の違いはありますが、注文方法は基本的な3つがわかれば取引できます。

  1. 値段を指定しないで注文するとすぐに成立する「成り行き注文」
  2. 今のレートより有利な注文を「指値注文」
  3. 今のレートより不利な注文を「逆指値注文」

このうち、ここで利益を確定したいという目的で「成り行き」や「指値」をつかいますが、「指値」は基本的にルール化できないので使いません。

このサイトで大切なのは「逆指値」だけです。これはポジションを持っていて、それ以上損失が出たら決済する(ストップ or ストップロス)とき、つまり損切りのときに使います。

[最終更新日] 2017/08/04







-いつ買い、いつ売るのか

先頭へ