これだけわかればFXができる

注文の出し方はどうすればいいの?

注文の仕方

エントリーは「売」か「買」かの2つですが、注文の仕方にはいくつかの方法があります。

成り行き注文 マーケットで表示されている値段で、クリックすれば即座に「売買」が成立する
指値注文 100円の時98円に下がったら「買」98円の時100円になったら「売」と有利になったら売買する注文
逆指値注文 指値注文とは逆に上がったら「買」下がったら「売」という注文
IFD注文 最初の注文が成立したら、損切りか利益確定のどちらかの注文
OCO注文 ポジションを持ったあとに、利食いの指値注文と損切りのための逆指値注文を合わせて行う
IFDO注文 指値注文でポジションを持ったら、利食いの指値注文と損切りの逆指値注文の3つのセット注文

トレードに必要な3つの注文方法

FX業者による多少の違いはありますが、注文方法は基本的な3つがわかれば取引できます。

  1. 値段を指定しないで注文するとすぐに成立する「成り行き注文」
  2. 今のレートより有利な注文を「指値注文」
  3. 今のレートより不利な注文を「逆指値注文」

このうち、ここで利益を確定したいという目的で「成り行き」や「指値」をつかいますが、「指値」は基本的にルール化できないので使いません。

このサイトで大切なのは「逆指値」だけです。これはポジションを持っていて、それ以上損失が出たら決済する(ストップ or ストップロス)とき、つまり損切りのときに使います。

IFD注文は2つの条件とも逆指値にする

IFDは「If done(イフダン)」のことで、新規注文で1つ目の注文が実行され約定したら、そのあと指定した条件で、2つ目の注文を実行します。

ドル高になると予想している時、110.5円と少しドル高になったので、1つ目の条件である110.7円で「逆指値の買注文」が実行されたあと、思惑がはずれて2つ目の条件である110.3円で「逆指値」の損切りをした。そんなことができる注文方法です。

※ DMM FX取引ツール使用

① 通貨ペア(米ドルを売買する) ② IFD注文 ③ 数量 ④ 赤=買 ⑤ ⑦ 緑=逆指値

⑥ 新規注文 買 逆指値(ストップ)110.700円

⑧ 決済注文     逆指値(ストップ)110.300円

⑨ 注文を確定する

[最終更新日] 2017/07/04







-これだけわかればFXができる

関連記事

no image

どんな国の通貨を取引するの?

ニュースでも耳にする米ドルを売買する みじかなアメリカ通貨のドル(米ドル)を、日本円で売ったり買ったりできます。株とは違いFXの取引対象となる通貨ペアは、せいぜい20通貨と限られています。ドル/円だけ …

no image

FXは資金がいくらあればできるの?

2万円くらいの元手は必要 2017年5月現在の制度では、1,000通貨の取引であれば、最低5,000円あればできますが、はじめに損切りが続いてもその後継続して売買するには、最低2万円は必要です。 まず …

no image

どんなタイミングで注文を出せばいいの?

ローソク足のチャートを見る FXのトレードでは、様々な情報をもとに今後の値動きを予測して取引をしますが、このサイトではチャートによるテクニカル分析で為替の動きを予測します。その方法はインディケーターな …

no image

いつ取引すればいいの?

FXは24時間取引が行われていますが、ニューヨーク市場の終わる時間、日本時間で朝7時(夏は6時)から本番です。公開している損益計算表では、朝9時以降と夕方6時以降の一日計二回注文を出すルールになってい …

no image

どこで取引すればいいの?

口座を開設してFX業者と取引をする 売買はFX業者とインターネットを通じて行います。取引は通貨ペア(ドル/円ならドル)を「買う」か「売る」(ポジションを持つ)ことから始まります。 FX会社に口座を開い …

先頭へ