これだけFX FXの取引概要

通貨ペア

よく知られているのはドル(米ドル)を日本円で売り買いすることです。株と違いFXの取引対象となる通貨ペアは、せいぜい20通貨と限られています。ドル/円だけを売買するなら、その通貨をチェックすればいいわけです。

そのドル/円の売買は円でドルを売買することで、1ドル100円で買って1ドル110円で決済すれば1ドルで10円の儲けになり、逆に売った値段より安くって決済すれば利益になります。

外貨と言うと真っ先に思い浮かべるのは「ドル」ですが、いわゆるクロス円と呼ばれる「ドル/円」「ポンド/円」や「ポンド/ドル」「ポンド/スイスフラン」などの外貨同士の組み合わせもあります。

通貨の組み合わせ(クロス円)

「ポンド/円」「豪ドル/円」「ユーロ/円」など、日本円と米ドル以外の組み合わせをクロス円と呼ぶのは、米ドル以外はその通貨と米ドルとの交換レートで算出するからです。つまり「ポンド/円」は「ドル/ポンド」と「ドル/円」の交換レートから算出されます。

相場が大きく動くことから「ポンド/円」や「ポンド/ドル」「ポンド/スイスフラン」などに人気がありますが、相場が動くから儲かるとは限らず、逆に損をする機会も大きいわけです。どの通貨を取引するかは、流通量が多く安定した動きの通貨を選ぶべきです。

「馴染みがある」とか「聞きなれているから」などなんでもいいので、ひとつの通貨になれてから複数の通貨をチェックするようにしましょう。

円安と円高

「円高」では対通貨に対して円が高くなることですから、少ない円でその外貨を交換することができます。通貨の組み合わせでは、どちらかが高くなれば他方が安くなります。チャートで見ると右肩上がりのチャートは円安、その逆は円高がクロス円は共通です。

ドル/円でいえば、先に来る「ドル」を円で売買することになるので、ドルが上がると思えば「買い」で、下がると思えば「売り」になります。チャートで見ると右肩上がりのチャートは買い、その逆に右肩下がりのチャートは売りです。

また、交換レートは売りと買いの2種類あり、ニュースなどで「ドル/円」は「100円01銭から10銭で取引されている」と言えば、売りが100円01銭で買いが100円10銭と言う意味になります。

[最終更新日]2017/06/26

-これだけFX, FXの取引概要

関連記事

no image

FXの為替取引は通貨を交換(売買)すること

だれでも日経平均株価などといっしょに為替という言葉を、テレビや新聞などで一度は耳にしたことがあると思います。 しかし、「為替」を説明するとなるとチョット難しいのではないでしょうか。為替の定義は、「現金 …

no image

FX証拠金取引業者選びのポイント ?

これから取引をする業者の何を基準に見ていけばいいのでしょうか。基本的にまず、手数料は「安い方が良い」、スワップ金利は「高いところが良い」、レバレッジは「50倍で十分」、取引単位はほとんどが「1万通貨単 …

no image

取引開始までにあやふやなことをなくしておく

いくらネットで取引ができるからといって、人を介さないで口座をつくり、送られてきた取引要綱を確認しただけでは納得のいかないことも出てくるはずです。FX取引業者が電話でどんな対応をするのか、どれくらいユー …

no image

FX証拠金取引のリスク ? (流動性のリスク)

取引は現物でも先物でも「買いたい人」と「売りたい人」の両方がいて成立します。仮に市場の規模が小さく、参加者が少ない場合には、売りたい人ばかりで買いたい人が存在しないこともあります。このように取引が成立 …

no image

レバレッジ(てこ)で複利効果を狙う

レバレッジ(leverage)とは挺子(てこ)の意味です。辞書では「借入金によって投資を行い、利子率よりも高い利潤率を見込むこと」とされます。先物取引などで10万円の手持ち資金でも100万円の取引がで …

先頭へ