商品先物取引

16. 商品先物取引とはなにか

商品の取引所では、農産物や工業品の原材料の価格が、毎日の立会ごとに少しずつ違うのは、品物がいつも同じ数量だけあるとは限らないことや、売る人の数も買う人の数も瞬間ごとに違っているからなのです。商品の値段は、安く買いたい人と高く売りたい人との攻めぎ合いで動いています。

また品物の価格は、動こうという性質を持っているともいえます。一般に「相場」と言っているものは、値段の動く性質を指していると考えてもいいのです。世の中のほとんどのものは、商品と同じに需要と供給のバランスによって動いています。

それを取引所という公共の機関で多数の売手と買手を集めて、公開で売買が行われると、生産者は取引所で売っておいて、規定の日に代金を受取ることもでき、問屋は取引所で買付ければ、品物を受取ることができます。

商社も仕入れや販売に取引所を利用したり、手持の在庫をヘッジするために、取引所の「取引き」を利用することになります。

しかし、私たちが相場をするのは、何トンもの品物が欲しいのでもなければ、手持ちの品物を売るためにするのでもありません。取引に参加して、差額を儲けるために売り買いするだけなのです。

取引所の商品は、手続きさえすれば誰でも売買することができますから、数量の最低単位はありますが、ほとんど自由であると言えます。一般の商取引のように不渡りやキャンセル、品質や品物のとり違いなどを心配する必要はありません。数百枚単位であれば、銘柄によっては建玉の制限はありますが、取引所の立会(たちあい)で、何時でも・誰でも・好きなだけ売買できるわけです。もちろん取引の結果は、保証されているわけではありませんから、儲けることを自分の努力でカバーしていかなければならないといえます。

[最終更新日] 2017/04/01







-商品先物取引


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

7. 委託契約

商品取引員へ委託する 商品先物取引は、「商品取引所法」により日本国内に設置された商品取引所の商品市場において行われている取引です。取引員以外に直接個人が取引できませんので、取引員にお金を預けて取引を委 …

no image

13. 利益と税金

所得税 先物取引(証券先物取引・金融先物取引を含む。)の売買損益は、個人の場合、雑所得として総合課税されます。また営業として行っている場合は、事業所得となります。1月から12月に決済した先物取引の売買 …

no image

超ハイリスクも魅力のひとつ

商品先物取引は先物取引の魅力である、差金決済、資金のレバレッジ効果のほか、株式との関連性が低いので、リスク分散にも適しています。 一般に商品の売買(取引)をする場合には、100万円の商品を買って、それ …

no image

取引員の役割

商品先物取引は、取次をする業者に証拠金(保証金)を預託すると、取引をはじめることができます。 商品先物取引の取次をするのが商品取引員 株式市場の証券会社に当たるのが商品取引員です。売買の注文は、商品取 …

no image

14. やってはいけない商品先物取引

資金量に対する建玉数で、追証がかからないようにすること追証が掛ったら即、取引終了とすることが、損害を最小限にする極意です。 建玉したその日に証拠金の半分がなくなる その日に預けた証拠金のほとんど無くな …

先頭へ