商品先物取引の基礎

商品先物取引は、取引を行う担保としての「証拠金」を預託することで、その証拠金の10倍以上の取引金額の取引を行うことができる証拠金取引です。このハイリスク・ハイリターンの先物商品は、投下資金に対する資金効率に優れている点が、積極運用としての魅力のひとつになっています。

商品先物取引の時代

中国、インドなどの経済新興国の発展と人口増加が、爆発的な商品の需要をもたらしています。ところが需要が旺盛になれば、農産物の生産コストは上昇し、資源の供給もより困難になり、生産コストも高騰します。商品の需要と供給は大きく変化し、長期的に物不足となることが、マーケットをホットにしています。

商品先物取引員を選ぶ

商品先物取引を扱っている会社の実力を見ても、利用者の利益になることはありませんが、預託金を預ける際の、安全の目安にはなります。外務員に電話で注文を出しのではなく、マイペースに取引ができるネットでのトレードが基本です。(口座の開設)

取引ルール

商品取引は日本時間の午前9時に開始され、午前11時までを前場(ぜんば)と言い、午後は後場(ごば)と呼ばれます。取引方法はザラ場と呼ばれる取引方法と板寄せという方法の2種類があります。(ザラバ、板寄せ)

注文の仕方

商品先物取引の注文の仕方は、どの取引所で、どの商品を、新規に、何枚の注文を、成り行きか指値にするか指定します。(取引所、商品銘柄、枚数)