未分類

不動産業界における不動産投資の倫理性

 不動産は「動産」という言葉と対をなす概念で、土地や建物など、文字通り動かない、不動の財産、動かすことのできない財産、イコール不動産という定義が成り立つ。


 不動産と対極にある動産は動かすことのできるものだから、これはいろいろとある。
 不動産投資は、土地や建物という本来、価値のないものに対して価値をつけていくわけだから、幻影のようなものだ。
 不動産における不動産投資は、幻影性を利用するのであくどいことをする奴もいる。
 不動産自体は何ら変化しないのに、価値が変動しているかのように見えるのは、人々が共通の幻影を抱いているという、幻影に踊らされているという、一つの証左であろうが、不動産投資において、一定の倫理・歯止めのようなものがないと、バブル崩壊を引き起こすような悲惨な破局を迎えることは必至であろう。

[最終更新日] 2007/01/01



-未分類


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

先頭へ