未分類

バブル景気

バブルとは、実体経済とかけ離れて貨幣経済がシャボン玉(bubble)のように膨張して好況な状態のこと。
しかし、「バブル」という言葉が示唆するように、バブル経済は実質的内容に乏しく、いずれ消滅するものです。


日本の経済史において、“バブル景気”といったとき、1980年代後半から1990年代初頭にかけてみられた、空前の好景気を指します。
1987年度から4年間に、GDPの伸び率は4%を超え、いざなぎ景気に次ぐ好景気となりました。
また、1990年代後半から2000年にかけては、“ネット・バブル”とよばれるバブル現象も起こりました。
これはIT産業の急速な発展と、それに投資家たちが過大な期待を寄せ、過剰投資を行なったことによって引き起こされたバブル現象で、インターネット関連株の株価が、実態価値から離れて異常に上昇したことをいいます。

[最終更新日] 2006/12/23



-未分類

先頭へ