チャート分析など売買を判断する相場分析法

ダウ・セオリー(ダウ理論)

米国で最もポピュラーな「ダウ平均株価」は、チャールズ・ダウの考案した株価計算方法のことです。このダウ・セオリーは欧米で最も知名度の高いトレンド識別法で、株式を何十年間持ちつづけたとしても、たいした資産価値にならないのに対し、売り買いを繰り返すことによって数百倍にもなることを証明しています。

しかし、その方法にも欠点がないわけではないことを認識しておく必要がある。機械的な判断方法がいかに有用でも、必ず補完する分析法が必要となる。つまり、如何なる方法も完璧ではないということです。

ダウ・セオリーのなかでも最も重要なのが、株価が動く方向(トレンド)を見極めるということです。簡単な方法は、チャートにトレンドラインを引いてみることです。上昇トレンドは、波動の下側(前日より安い日)を結んだラインが上向きであり、下降トレンドは、波動の上側(前日より高い日)を結んだラインが下向きになります。

トレンドライン

下降トレンドのラインより抜けて上伸すれば転換となります。上昇した後に大衆買いが始まり、少し上ると手持ち筋からの売りが入り少し値を下げます。先高の期待が強ければ絶好の押し目になり、再び買いが入って上昇を続けます。この繰り返しが「波動」です。

波動に一定の幅があれば、これをチャンネルといい、トレンドラインに並行して引いた線をアウトラインといいます。この間チャンネル内で価格がアウトライン側に近づいたときにトレンドと反対の売買をし、トレンドラインに近づいたときに決済するのもひとつの方法ですが、チャンネルが形成されたとわかるのは後になってからです。

波動はチャンネル内をうねりながら上昇し、いずれ天井をつけて下落します。トレンドの転換は、その波動が「直近の高値を抜けずに下落し、直近の安値を抜いたとき」です。

さて、このトレンド・ラインも途中まで穏やかな直線でも急に上昇したりします。何本も引き直したりすることになリ、結局は曲線になってしまうこともあります。また、波動の下側の直近の安値に線を入れた後に、すぐ下の線を割ってしまうことがあります。

その後、最終的には上昇を続けますが、この上昇トレンドの途中で一部トレンド・ラインを割りこんでしまうことを「ダマシ」といって、放置するとそのまま連続して下げ続け、下降トレンドに入ってしまうことに注意しなければなりません。

-チャート分析など売買を判断する相場分析法


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

ストキャスティクス(STC)/相対力指数(RSI)

ストキャスティクスやRSIは、現在の相場が「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」といった市場の過剰反応をキャッチする数値として使われます。ともに、70パーセントで買われ過ぎなので売り、30パーセントで売られ過ぎ …

no image

グランビルの法則

テクニカル指標としてポピュラーなのが移動平均線です。移動平均線はある期間の平均株価を移動させることで、相場の方向や転換点を知ろうとするものであリ、移動平均線を利用して売買するときの基本となるのが「グラ …

no image

ローソク足

株価などの値動きが一目でわかるようにグラフ化したものがチャート(罫線)ですが、日本で最も使われているのがローソク足だろうと思います。このローソク足を日々の値動きにあらわしたものを「日足」週単位なら「週 …

no image

MACD(マックディー)

MACDは2本の指数平滑移動平均線(EMA)を用いて、直近にウエートをおいた移動平均と、その差を棒グラフであらわし、方向性やカイ離を見る指標で、オシレーター系に分類されます。 上図下部のMACDは、シ …

no image

チャートとテクニカル分析

ファンダメンタルズ分析が専門家や経済学者が「株価や為替は年末までにいくらになる」と予測するのと同じなら、それだけではいつ売買するかがわかりません。ファンダメンタルズ分析で環境を把握したとしても、価格と …