MACDは2本の指数平滑移動平均線(EMA)を用いて、直近にウエートをおいた移動平均と、その差を棒グラフであらわし、方向性やカイ離を見る指標で、オシレーター系に分類されます。

上図下部のMACDは、シグナルというMACD値の移動平均線と、ヒストグラムというMACDとシグナル線の差を棒グラフとして表示させたものです。

MACDというと、例の雲のあるチャートを連想した方も多いのではないでしょうか。見た目複雑すぎてとっつきにくそうなチャートも、基本的には2本の移動平均線とその差を表したヒストグラムの組合せです。

大変人気のあるMACDですが、相場が変化する日を数値で示したまでは良いが、予測できない事態の発生によって延長されることや、目先・小勢・中勢・大勢の期間も天井から底まで、多くの組み合わせがありその都度都合よく解釈されやすいところに欠点があります。