チャート分析など売買を判断する相場分析法

ポイント&フィギュア(P&F)

投稿日:2016年3月18日 更新日:

株価チャートで良く見かけるのは、縦軸に株価・横軸に時間をおいて日足で表示されている二次元の「時系列グラフ」です。これに対し、横軸の時間の観念を無視した一次元のグラフを「非時系列グラフ」と言います。ポイント・アンド・フィギュアがその代表格ですが、日本古来の「新値足」「カギ足」「練行足」などもこれにあたります。

非時系列グラフは、値幅が示す型を重視します。しかもそれぞれの違いは、高安の新値を重視するか、値幅の変動を重視するかで、設定するポイントを変えることにあります。その狙いはトレンドの確認をそれぞれの罫線のパターンで判断することにあります。一見して陰陽転がわかりやすいように思えますが、商品の先物足では限月がありますことまで無視するので、見た目と実際の利益に相違が出ることも考えられます。

欧米でもポイント・アンド・フィギュア(P&F)や移動平均などが盛んに用いられています。特にP&Fは、パターン・トレンド・目標値算出と多種多彩に用いられていますが、株価の最終判断は「総合的に見て判断しなければならない」となると、いくら使い方に熟練しても悩みはなくならないようです。

ポイントアンドフィギュア

パターンの中心は、放れのタイミングをつかむところにあります。トレンドはラインをどこに引くかで2方式があります。目標値算出にいたっては「非時系列グラフ」でありながら、行数を期間と見てしまうところにかなりの無理があります。

いずれにしても、期間や時間が関与しないことや、価格の単位(刻み)をマス目の1単位にどう表現するかで、転換点や目標値に違いがでてしまうことに最大の問題があります。

これらが「非時系列グラフ」が抱えている矛盾であり、それを克服しようと規定を追加していけば、益々複雑になり売買を実行するのが不可能なチャートに変身してしまいます。

P&Fの最大の利点は、先に触れた「放れ」をどうとらえるかです。どうしても使いたいのなら、底練りや中段での保ち合いの後に、上か下に「穴を開けて」直近の高値か安値を抜いたときが「転換」という一点だけに絞ってやると以外に効果があります。

-チャート分析など売買を判断する相場分析法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

ダウ・セオリー(ダウ理論)

米国で最もポピュラーな「ダウ平均株価」は、チャールズ・ダウの考案した株価計算方法のことです。このダウ・セオリーは欧米で最も知名度の高いトレンド識別法で、株式を何十年間持ちつづけたとしても、たいした資産 …

no image

ストキャスティクス(STC)/相対力指数(RSI)

ストキャスティクスやRSIは、現在の相場が「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」といった市場の過剰反応をキャッチする数値として使われます。ともに、70パーセントで買われ過ぎなので売り、30パーセントで売られ過ぎ …

no image

移動平均線

移動平均線は誰でも知っている最もメジャー指標です。トレンドラインはかなり主観的な部分が多いので、時系列の変動を見やすくするため、トレンドの変化に対応したのが移動平均線です。 ローソク足だけでは大きな流 …

no image

ローソク足の組み合わせ

ローソク足単体の代表的なものには、下表のような呼び名がついています。そのローソク足の形から読み取ることのできる情報は多いのですが、実勢に当てはめて次を予想するには無理があります。「トンボ」がどうのとか …

no image

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは移動平均線とその標準偏差の線をチャートに重ねて描き、ローソク足が移動平均線を上に抜いたら上昇の圧力が強いと判断し、逆に下に向けたら下降の圧力が強いと判断する順張りのテクニカル指標で …