株価などの値動きが一目でわかるようにグラフ化したものがチャート(罫線)ですが、日本で最も使われているのがローソク足だろうと思います。このローソク足を日々の値動きにあらわしたものを「日足」週単位なら「週足」月単位なら「月足」と呼び、そのうち最も短いものが「1分足」です。

ローソク足

ローソク足は、1日の値動きのうちの、始値・高値・安値・終値の四本値をひとつの記号(形)にしたものです。その1日の動きをローソクの形をしたローソク足を、何日分かまとめたものを日足といっています。なお、1週間の四本値(始値・高値・安値・終値)をローソク足にしたものを週足といい、1ヶ月の四本値は月足、1年分は年足になります。

ローソク足

図にある黒い実体(ヒゲや影を除いた部分)を「陰線」、白い実体を「陽線」と言います。陰線は始値より終値が安い状態を表していて下降相場に出やすく、陽線はそれとは反対に上昇相場によくあらわれます。しかし、陽線は上げ相場の日足に多く出るだけで、2~3日連続して陰線が出ることもありますから、「傾向」を日足で判断することはできません。

また、ローソク足の実体の長さは相場の強さを表していて、始めつけた値段から買い進まれると白い実体は長くなりますが、ヒゲと影は1日の売り買いの攻防の結果であって、相場の強弱を判断する材料にはなりません。パターンもなんとなくはわかるような気にもなりますが、上下のヒゲの長さ多少の目安になるだけで、ローソク足単独では何もわからないといってもいいでしょう。