チャート分析など売買を判断する相場分析法

ファンダメンタルズ分析

投稿日:

ファンダメンタルズは経済活動の状況を示す基礎的な要因のことで「経済の基礎的条件」と訳され、経済のマクロ面や個別企業の財務状況などミクロ面の指標を意味します。そこで、株式の本質的価値と市場価格にギャップがあるとしても、いずれは本質的価値が市場で実現されるという考え方であり、投資家が株価が株式の価値よりも割高に見えたり、割安に見えたりすることなどはファンダメンタルズの要因によるものと言えます。

景気や企業収益、金融動向、海外情報からの基礎分析をファンダメンタルズというが、その景気や業績に実際の相場が100%シフトすらなら、ファンダメンタルズの分析だけで相場を判断できますが、実際の価格にはほとんど反映されないということがあります。

米国の調査では、景気と株価に関連があったとするケースが51%で、49%が関連性がないという結果が出ています。このことは、関連性が重要なのではいこと、傾向は無視できないまでも、業績が良いからといって儲かることにはならないということです。

一般投資家がファンダメンタルズ分析で、投資しようとする銘柄を選定しようとしたら、いかにインターネットを利用して膨大な情報収集に時間を費やしても、徒労に終わるに違いないと断言できます。

だから、個人ですることはファンダメンタルズだけでなく、まず「会社四季報」などから、企業業績順に大枠で銘柄をピックアップする。次ぎに個別に財務や収益の裏付けを検討する。さらに銘柄を絞り込んでチャートで確認するのが現実的ではないでしょうか。

しかしこれとは逆に、チャート優先で上がっているものから選んではいけない。努力とは書物から知識を得ることでも、材料探しに躍起になることでもない。自らやる地道な情報収集が大切なのである。

-チャート分析など売買を判断する相場分析法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

ダウ・セオリー(ダウ理論)

米国で最もポピュラーな「ダウ平均株価」は、チャールズ・ダウの考案した株価計算方法のことです。このダウ・セオリーは欧米で最も知名度の高いトレンド識別法で、株式を何十年間持ちつづけたとしても、たいした資産 …

no image

ストキャスティクス(STC)/相対力指数(RSI)

ストキャスティクスやRSIは、現在の相場が「買われ過ぎ」「売られ過ぎ」といった市場の過剰反応をキャッチする数値として使われます。ともに、70パーセントで買われ過ぎなので売り、30パーセントで売られ過ぎ …

no image

ローソク足

株価などの値動きが一目でわかるようにグラフ化したものがチャート(罫線)ですが、日本で最も使われているのがローソク足だろうと思います。このローソク足を日々の値動きにあらわしたものを「日足」週単位なら「週 …

no image

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは移動平均線とその標準偏差の線をチャートに重ねて描き、ローソク足が移動平均線を上に抜いたら上昇の圧力が強いと判断し、逆に下に向けたら下降の圧力が強いと判断する順張りのテクニカル指標で …

no image

ポイント&フィギュア(P&F)

株価チャートで良く見かけるのは、縦軸に株価・横軸に時間をおいて日足で表示されている二次元の「時系列グラフ」です。これに対し、横軸の時間の観念を無視した一次元のグラフを「非時系列グラフ」と言います。ポイ …