相対取引と市場取引

ご存じのFXはCFDの為替版と言われ、株もFXと同じようにレバレッジを効かせて、数パーセントの元手で、しかも株なら1株から取引できるという特徴があります。これなら1000株という単位ではなかなか買うことができなかった資金の少ない個人投資家でも、200円でたった1株でも買うことができるようになります。

差金決済

少ない資金で売買できる仕組みが「差金決済」と言われるものです。この差金決済は、現物株の取引のように買った株の値段×1000株の「丸代金」を払う必要がないのです。

そして、買った株なら反対に売った時点で、売買した株の代金の差額を決済すればいいのです。このように、FXをしている人なら普通にやっている取引こそ、差金決済なのです。

トヨタ株を買うには証券会社を通しての市場取引なので、証券取引法の縛りがあります。空売りのできる信用取引でも同じことで、一株を頻繁に売買することはできません。

CFDがこのような売買ができるのは、CFDの業者と個人投資家との取引(相対取引)になるからです。投資家は株を買っても「株主」になれない代わりに、株式だろうが債券だろうが空売りして、投資効果を得ることができます。