追証拠金というのは、「外国為替証拠金取引」だろうと「商品先物取引」だろうと、取引会社が取引の代金を立て替えているわけですから、損失が拡大したら取引業者から追加の証拠金を請求されるのは当然です。単純に計算上の損失が委託本証拠金の50%を超えたら「なにが何でも決済しなさい!」という警告です。

自動ストップロスと追加証拠金

自動ストップロスとは、多額な損失を未然に防ぐ目的で、損失額が一定の割合を超えると、自動的にポジションを清算して損失を確定させる仕組みと考えられます。

具体的には、証拠金から未確定損失額を差し引いて維持証拠金とよばれるポジションを維持するために最低必要とされる証拠金水準を下回ると発動されます。また、この自動ストップロス制度がない業者でも、損失が決められた金額を超えると反対売買で決済(ロスカット)されるシステムになっていることがあります。

商品先物取引には限月があったり、当日終値の値洗いの損失が委託本証拠金の50%を超えた場合、不足分の証拠金を決められた期日までに補填するか、建玉を決済しなければならないのに対して、外国為替市場は24時間機能していたり、為替取引には取引所取引のような値幅制限がないので、急激な価格変動から身を守るためにも、自動ストップロスは個人投資家のための安全装置といえなくもありません。しかし、だからといって、不利なポジションをほったらかしにしてはいけません。

現物の株取引に親しんだ投資家の多くは、損を確定することを嫌ったりする傾向にありますが、証拠金取引ではポジションが不利な方向へ進んで損失が拡大したら、ポジションを清算し損失を確定させることを優先させなければなりません。このストップロス(損切り)はいかなる相場テクニックよりも重要で、新規でポジションを建てると同時に、損失を決めておいくなどの手法が必要です。

一般的なストップロスのルールは、指定した価格を抜けた時点で、取引を成立させることになっています。取引業者によっては、スリッページ(注文価格と成立価格に差が生ずること)が発生する場合もありますので、あとあとのトラブルを避けるためにも、業者に約定の成立方法を確認しておきましょう。