レバレッジ(てこ)といって、FX会社に預けた証拠金の数10倍の取引がでるので、少ない資金でも取引が始められます。少ない資金で大きな取引ができるので、預託した資金に対する損益の比率が大きくなります。

レバレッジ

レバレッジとは証拠金の比率のことで、低資金(5~10万程度)で大きな金額を運用できる根拠になっています。

FX証拠金取引もレバレッジがかけられる

先物取引は少ない証拠金で「レバレッジ(てこ)効果」を活用できます。「てこ」は小さい力で重いものを持ち上げる道具のことですが「借りたお金を元本にその借りた額以上の取引」ができるということであり、FX証拠金取引もこの「てこの原理」を利用して、大きな金額の外貨を売買することができます。

レバレッジ=実際に取引する金額(総約定代金)/保証金の額

1米ドル100円のとき1枚(1万ドル)購入すると…

レバレッジ 必要証拠金
1倍 100万円
10倍 10万円
50倍 2万円

よくレバレッジが高いとハイリスクだと言われますが、1万米ドルを売買するのに、10,000ドル×為替レートの現金が必要なのに対して、50倍のレバレッジであれば、20,000円の証拠金で売買ができるわけですから、小額の証拠金ですむので大変ありがたいことでます。

しかも、ほとんどのFX業者が損失を限定するため、「自動ロスカット」という機能が働くように設定されていますので、2万円預けてほったらかしにしておいても20,000円以上の損失が出ることはありません。

よく「最初は低いレバレッジで!」などと言われたりしますが、20,000円の証拠金で一取引2,000円の逆指値の損切りを設定する取引をすれば、100,000円を預けて10枚の取引で20,000円の損失はそんなに怖いことではありません。

証拠金取引は預けた金額と損切りの仕方を間違えると大変ハイリスクです。これは証拠金取引の性格上、証拠金として預けた金額より大きい取引ができるからにほかなりません。証拠金取引の利点を上手に活用することが大切です。

レバレッジを勘違いしない

「資金量があれば、1円動いただけでも大儲けできる可能性があり、資金がないとレバレッジを掛けて取引をするから、無理が出て結局損をすることになる」というのは、あたっている部分もあるような気がします。

資金量があれば、必ずしも勝てるものではありませんが、相場は「余裕でする」かどうかにかかっているのだと思います。上げ下げの差益を取るということは、それだけ高度なテクニックを必要とします。誰でもできることではありません。

資金が少なくても、それ以上の取引ができるということは、無理をすることになります。いったん負け出すと、もう正常な判断ができなくなって、普段では考えられないような行動に出ることが多いのです。

それなりに勉強をして為替の経験を積むと、もう一人前のような気になってしまいがちです。しかし、プロは急にプロになれるわけではありません。たしかに、プロでも負けることはありますが、豊富な資金量で帳尻を合わせることにはたけています。あなたは、決してそんなプロにはなれないことを自覚すべきなのです。