FX外国為替証拠金取引の基礎

外貨預金と比べて手数料が安い

投稿日:

外貨預金は一般的に1万ドルあたりの売買で往復2万円もかかりますが、FXなら手数料はゼロのところも少なくありません。売りと買いのスプレッドを含めたコストは、1万ドルでもなんと100円程度ですから1/200で済みます。

スプレッド

スプレットとは、売値と買値の差のことです。ニュースなどで「現在の東京外国為替市場は、1ドル100円01銭から15銭で取引されています。」というのを聞くと思いますが、ドルを売る値段が「100円01銭」で、買う値段が「100円15銭」という意味で、その差は取引業者によって若干違い、業者の利益になります。

買い(ASK)と売り(BID)

FX独特の価格の差をスプレッドと言います。買いの注文を出すと取引相手のFX会社は、売りの取引をすることになります。そこでFX会社はその売りを少し高く、買いを安く提示しその差(スプレッド)を利益にするのです。

エントリー(建玉)からエグジット(手仕舞い)まで相場が動かなかったとすると、売りと買いのどちらでエントリー(建玉)してもスプレッド分だけマイナスになります。つまり、最初の建玉をしたときすでにスプレッド分だけ損失になっていることになります。

このスプレッドの幅はFX取次業者によって異なりますので、売買を頻繁に繰り返すデイトレはもちろん、一日数回しかトレードをしない人人にとっても重要なトレードのコストになりますので、スプレッドがより狭いFX取次業者を選ぶべきです。

-FX外国為替証拠金取引の基礎

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

少ない資金で効率よく投資できる

レバレッジ(てこ)といって、FX会社に預けた証拠金の数10倍の取引がでるので、少ない資金でも取引が始められます。少ない資金で大きな取引ができるので、預託した資金に対する損益の比率が大きくなります。 レ …

no image

エントリー

外国為替市場は1日24時間、世界中のどこかの市場が開いていて売買されています。しかし通常、24時間常に市場の動きを見張っていることは不可能です。そんな市場の変化に合わせた注文の仕方もあります。 売りと …

no image

通貨の組み合わせ

クロス円以外の通貨ペア 世界3大通貨と言えば、今のところドル、ユーロ、円ですが、中国の元が入ってくれば、間違いなくドル、ユーロ、元ですし、世界2大通貨と言われれば、ドルとユーロになる。円(JPY)の存 …

no image

追加保証金(追証)いわゆる追加資金必要になることもある

追証拠金というのは、「外国為替証拠金取引」だろうと「商品先物取引」だろうと、取引会社が取引の代金を立て替えているわけですから、損失が拡大したら取引業者から追加の証拠金を請求されるのは当然です。単純に計 …

no image

スワップ

FXの取引は「為替差益」を狙う取引だけでなく「スワップ金利」を狙う取引もあります。このスワップ金利とは2国間の金利差のことで、高い金利の通貨を買うと、外貨預金のように金利を毎日受け取ることができます。 …