金融と投資

国際投資

 国際投資とは、投資対象を国内の金融商品だけではなく、海外にも持つことです。


 金融商品は、世界的に数多く存在し、日本から投資できる証券や国際なども、かなりの数に上ります。
 国際投資により、まだまだ経済的成長の最中である国へ投資し、大きな利益を狙ったり、テロや災害、戦争による国際的リスクを分散することができます。
 国際投資はまた、各国の経済成長や経済循環のサイクルの違いを狙うこともできます。例えば、日本では不況のピークであっても、別の国では経済成長の真っ只中ということは少なくありません。
 個人投資家が証券会社を通して始めやすい国際投資としては、各国の外貨や、アメリカ、インド、中国などの証券市場でしょう。

[最終更新日] 2006/12/09

-金融と投資


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

FXの取引の実際

FXの取引は、円が安いときに外貨を買い、円が高くなったら外貨を売ることで、相場の差額を利益にする投資方法です。

no image

先物取引の実際

 先物取引での投資を実際に始めるために、日経平均先物の売買を例にとって説明してみましょう。

no image

先物取引

先物取引とは、主に、生産者が商品を取引する時点の値段を、購入者と決定しておき、その権利を売買する投資法です。

no image

投資信託の運用

 投資信託は、ファンドとも呼ばれ、投資家が自分で業界や企業を分析しなくても、投資の専門家が運用して、その成績による利益の分配を受けられる商品です。

no image

キャッシング審査

キャッシング審査とは、お金を返済する能力があるかどうかを調べるものです。

先頭へ