金融と投資

投資信託の運用

 投資信託は、ファンドとも呼ばれ、投資家が自分で業界や企業を分析しなくても、投資の専門家が運用して、その成績による利益の分配を受けられる商品です。


 最近、国や企業の要人を巻き込んだ村上ファンドのニュースなどが世間を賑わしました。運用成績のよい投資信託を選ぶことができれば、大きな利益を得られる可能性があります。
 投資対象の価値や時期を判断するのは大きな労力が必要です。
 個人投資家では、情報や経験が不十分なことも多く、投資信託で運用する専門家には及ばないのではないでしょうか。
 投資信託のメリットは、やはり個人の労力が少なく、専門家による安定した利益が見込めるところにあります。
 投資資金を分散し、一部は自分でハイリスク・ハイリターンな証券取引を直接行い、一部は投資信託に投資するというスタイルを取る人も多いようです。
 投資信託を専門に扱うファンド会社は、近年急増していますが、株価の変動が激しく、投資で利益をあげられずに倒産するファンドもかなりの数にのぼります。
 専門家に依頼するとしても、投資対象や、投資成績についてはリスクがあることも注意して投資することが大切です。

[最終更新日] 2006/12/09







-金融と投資


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

先頭へ