日経225オプション取引

オプション取引の基本条件

投稿日:

オプション取引の立会時間は、日経225先物と同じ時間帯で行われています。オプション取引の呼値は、プレミアムによってかわり、肝心の証拠金は、買い手ならいらない。税金は、申告分離課税で利益の20%を納めて終わり。

オプション立会時間

大証では2007年9月より、利便性向上を目的として、イブニングセッションが開始されましたが、取引量は多くはありません。イブニングセッションの注文は、翌日の後場までに実行されます。

前場 09:00~11:00
後場 12:30~15:10
夕方 16:30~19:00(イブニング・セッション)

呼値はプレミアムによって3段階ある

オプション取引の呼値は、プレミアムによって決まります。取引金額はプレミアムの1000倍ですから、呼値を1000倍した金額になります。

日経225オプション取引の呼値

プレミアム 呼値
10円以下 1円
10円超1000円以下 5円
1000円超 10円

-日経225オプション取引

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

オプション取引の証券会社

オプション取引で証拠金を預ける証券会社を選ぶ際に最も重要なことは、何はともあれ、売買注文の取次がスムーズであることです。手数用の安さ > 証拠金の低さ > トレードツールの完成度の順ですが、手数料には …

no image

やってはいけないオプション取引

オプション取引にも「市場のリスク」などの特徴的なリスクと、自分の中にある投資態度に関するリスクがあります。 オプションの流動性リスク オプション取引では、満期日が出来高が極端にすくなくなり、反対売買が …

no image

オプションの売り手と買い手

オプションの「買い手」は、取引の最初に購入代金(プレミアム)を支払い、その後に損失が発生しても権利を放棄すればおしまいですが、「売り手」は将来「買い手」の権利行使に応じなければなりません。 買い手の場 …

no image

日経225オプションの基本ルール

買う権利をコール・オプション、売る権利をプット・オプションといいます。オプションの買方は売方にオプション料(プレミアム)を支払うことで権利を取得し、売方はオプション料を受取り、買方にこの権利を与えます …

no image

オプション取引を開始する建玉

「コール」と「プット」オプションの買い建玉は、残存日数別日以内に、日経平均株価が昇しなければ、利益にならないという条件が付きます。損失無限大というリスクの大きい「コール」と「プット」オプションの売り建 …