オプション取引の種類

「大証」と「東証」に上場しているオプション取引には何種類かありますが、なかでも日経225オプション取引は、流動性が高く多くのネット証券で取り扱っています。

日本には、さまざまなオプション市場がありますが、中でも個人が利用できる「株価指数オプション」は、大阪証券取引所の「日経225オプション」「日経300オプション」さらに、東京証券取引所の「TOPIXオプション」があります。

中でも大証(大阪証券取引所)の日経平均株価(日経225)を対象とした「日経225オプション取引」は、一般の投資家が個人でも参加できる、国内で唯一のオプション取引と言ってもいいでしょう。

ちなみに、「日経300オプション」と「TOPIXオプション」は、取引量が少なく、現在一般の投資家が取引できる状態にはなっていない状況ですので、オプション取引の入門としては、日経225オプション取引以外は考えなくてもいいと思います。

日経平均株価(日経225)を原資産とする日経225オプション取引

日経225オプション取引はデリバティブの中でヘッジする商品として作られました。そのヘッジを利用するのは膨大な資金を運用する機関投資家です。大きな資金をヘッジするには、無制限に働くテコが必要だったのです。オプションの買いは、小額の資金でまさかの時に巨大な資金をヘッジすることを可能にしたのです。

オプション取引はデリパテイブ(金融派生商品)の一種で、よく目にするように、「日経平均株価(原資産)をあらかじめ定められた期日に、あらかじめ定められた価格で売買する権利を取引すること」であるといわれます。

次に「日経225オプション取引」は、日経平均株価から「派生」した商品であるということですから、日本経済新聞社が集計した東証一部銘柄「225種(日経225)」の値段(指標)を基にして、売りと買いのいずれかの「権利を売買する」取引形態であるということができます。

このため、現物の株式は存在しませんから、当然受け渡しもありません。したがって先物取引のように、満期日までに「売買した権利」を「反対売買」で決済することによって、損益が確定するということになります。

このように、オプション取引は種類も多く、株やFXに比べて仕組みが分かりにくいこともありますが、もともとは単純でわかりやすく、慣れるにしたがって応用もきくので、「日経225オプション取引」と「オプションの買い」を中心に説明します。

大阪証券取引所(大証)

上場商品原資産
日経225オプション取引日経(225)平均株価
日経300オプション取引日経300種平均株価
株券オプション取引個別銘柄株

東京証券取引所(東証)

上場商品原資産
TOPIXオプション取引TOPIX(東証株価指数)
国債先物オプション国際先物
株券オプション取引個別銘柄株

日経平均株価(日経225)を原資産とする日経225オプション取引

オプション取引はデリパテイブ(金融派生商品)の一種で、よく目にするように、「日経平均株価(原資産)をあらかじめ定められた期日に、あらかじめ定められた価格で売買する権利を取引すること」であるといわれます。

次に「日経225オプション取引」は、日経平均株価から「派生」した商品であるということですから、日本経済新聞社が集計した東証一部銘柄「225種(日経225)」の値段(指標)を基にして、売りと買いのいずれかの「権利を売買する」取引形態であるということができます。

このため、現物の株式は存在しませんから、当然受け渡しもありません。したがって先物取引のように、満期日までに「売買した権利」を「反対売買」で決済することによって、損益が確定するということになります。

このように、オプション取引は種類も多く、株やFXに比べて仕組みが分かりにくいこともありますが、もともとは単純でわかりやすく、慣れるにしたがって応用もきくので、「日経225オプション取引」と「オプションの買い」を中心に説明します。

Sponsored Links
このページの先頭
日経225オプション取引
トップ
225オプションの魅力
オプション取引の種類
オプションの売り手と買い手
オプション取引のリスク
*
Google
© 2002-2010 Futures 先物取引入門 All rights reserved.