日経225オプション取引

オプションの買いの魅力は、何といっても「損失限定」「利益無限大」という特性があるに他なりません。株の塩漬けや信用取引の追証などなく、勝敗は一カ月ごとの清算日(SQ)で精算されます。このように損が限定され、勝つ時はどこまでも勝てる何よりも安全な先物取引と言えます。

オプション取引とは

オプションの売り手は巨大な資金を持った機関投資家で、10年に一度しかないかのリスクに備えるためにヘッジのための買い手にもなります。逆に、小額の資金しか持たない個人投資家はヘッジする必要がないので、安全で魅力的な商品であるイチかバチかの「オプションの買い」だけが売買の対象になります。

日経225オプションの基本ルール

買う権利をコール・オプション、売る権利をプット・オプションといいます。オプションの買方は売方にオプション料(プレミアム)を支払うことで権利を取得し、売方はオプション料を受取り、買方にこの権利を与えます。

買方が権利を行使すると、売方はそれに応じる義務があります。買方は権利行使の義務はありません。オプションは、コール・オプションの買いと売り、そしてプット・オプションの買いと売りという4つの選択肢を組み合わせる取引です。

プレミアム | コール・オプション | 限月 | SQ | コールプット | 呼値 | 権利行使価格と限月 | 立会時間 |値幅制限 | アット | プレミアム

注文の手順と決済

オプションの売買は、買い手なら「転売」買い手なら「買い戻し」によって満期日までに決済するか、権利を「放棄」することによって損益を確定しなければなりません。

取引の流れ | 注文 | オプション立会時間 | 建玉| 成り行きと逆指値 | 注文

口座を開設する

個人投資家が証券会社を選ぶときに最も重要なことは、売買注文をスムーズに実行してもらうことです。自分のイメージと違う点は、事前にしっかりと確認しておく必要があります。加えて資金効率を高めるため「手数料」「証拠金」の低さや、トレードツールの善し悪し、サポートなどを確認しておく必要があります。

税金 | 口座開設 | 情報ツール | 証拠金 | 証券会社
このページの先頭
日経225オプション取引
225オプションの魅力
オプション取引の種類
オプションの売り手と買い手
オプション取引のリスク
カスタム検索
Sponsored Links
© 2002-2011 Futures 先物取引入門 All rights reserved.