日経225先物取引

やってはいけない日経225先物取引

心理面でも資金面でも余裕を持てる人以外は、「この魅力的な先物取引に手を染めてはいけない」と一般的に言われていますが、損失を決めて取引をすれば決して怖いことはありません。資金に余裕もつということよりも、先物取引の基本である「損した時の金額をあらかじめ決めてから始める」と言うのが正しい表現です。

投資家心理とリスク管理

現物株の売買では、買った株が上がらすズルズルと下落し、売るに売れなくなってしまった株式を「塩漬け」などと呼んでいますが、先物取引ではマイナスになると「追証」が発生したり、最終決済日(S.Q.決済)には自動で決済されてしまいます。

先物取引では仮に思惑がハズレたら、素早く「損切り」をしないと、ズルズルと損失を拡大することになります。相場の世界では「水に落ちた犬を叩く」といい、「弱り目にたたり目」や「泣き面に蜂」になっている人を、更に追い込もうとします。まさに、多重債務者がマチ金から身ぐるみ剥がれるような状況です。

もちろん、一時的に損になっていた損益も、追証を入れてしばらくすると、好転して利益が乗ってきた、ということがないわけではありません。しかし、そんなことを経験して、儲かっている人がいることを知る人はいません。

投資家の心理は、建玉に利が乗ると早く決済をしたいとあせり、損勘定になるとその損を忘れたいと思ったりします。みんな損を隠したいだけなのです。

相場で儲ける人はこれとは逆で、損失が一定額になるとすぐ「損切り」をして仕切り直しをします。そしていったん利益が乗ったら、天井を確認するまで持ち続けるという考えでいます。

1勝9敗でも最終的に勝てるのがこの先物取引です。心理的にも資金面でも余裕を持って、なおかつ損を認めることのできる人以外は、この魅力的な先物取引の果実を手にすることはできません。

[最終更新日] 2016/03/14







-日経225先物取引


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

先頭へ