日経225先物取引

日経225先物取引の証券会社

日経225miniでみじかになった先物取引だが、現物株の証券口座とは別口座の開設が必要になる。取引をする前に預け入れる最低証拠金の額。

日経225先物取引ならではのツールと投資環境

証券会社選びのポイントは、何といっても手数料の安さが一番。次にツールの充実度です。ツールに頼りすぎない独自の手法も考えておきましょう。

手数料の安さだけに目を奪われがちな証券会社選びですが、気をつけたいのは、安いだけで「投資ツール」があまり充実しているとは言え証券会社を選んでしまうことです。

場中に張り付いていられない一般の投資家には、さまざまな注文機能と環境に対応した機能を、利用できることが重要です。

急激な相場展開に対応するために、事前の「逆指値」などがモバイルから注文できるとか、多彩な環境に対応している証券会社がいいですね。

そんな環境を最低限提供してくれるのが、以下の証券会社だと思いますが、いきなり毎月お金を払って、ツールを使う必要はないかもしれません。

ひまわり証券ひまわり証券 日経225先物、日経300、TOPIX先物 システムトレード/tradesignal 19,950円/月(税込)
手数料/945円 105円(mini)
必要証拠金/SPAN証拠金×120%
トレイダーズ証券 トレイダーズ証券 日経225 FX 手数料/1050円 105円(mini)
※ 詳細は各サイトで再確認してください。

日経225(mini)先物取引の口座開設

* 「先物・オプション口座」の開設を、新たに証券会社に申し込みをしなければなりません。現物株の「証券口座」とはまた別のものになり、この口座を申し込むことで、他の平均株価指数先物取引やオプション取引ができるようになります。

日経225min先物取引の証拠金

日経225先物取引は「日経225mini」なら、5万円くらいから始めることができますが、仮に日経平均が500円逆に動くと、預け入れた証拠金がなくなってしまいます。そのため、最低1枚の建玉をする場合でも、当初から10、20万円くらいの証拠金は預けておけることが必要です。

[最終更新日] 2016/03/14

-日経225先物取引


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

日経225先物取引の建玉と決済

あらかじめ定められた期日までに決済する取引の流れと損益の確定。先物取引の利益に対して申告分離課税の20%(所得税l5%+住民税5%)が課せられる。 あらかじめ定められた期日までに決済する取引の流れ 株 …

no image

やってはいけない日経225先物取引

心理面でも資金面でも余裕を持てる人以外は、「この魅力的な先物取引に手を染めてはいけない」と一般的に言われていますが、損失を決めて取引をすれば決して怖いことはありません。資金に余裕もつということよりも、 …

no image

日経225先物のラージとmini

大阪証券取引所に上場されている日経225の先物取引には「日経225先物」と「日経225mini」があります。1枚(取引単位)は先物価格(日経225)の1000倍になり、日経225が10000円なら約定 …

no image

日経225先物取引を開始する建玉

日経平均の上昇予想なら「買い」、下落予想なら「売り」の注文を出し、予想通りに日経平均が動いたら反対売買により利益を得ることができる。また、当然相場が逆に動けば損失が発生します。 どの限月に建玉するか …

no image

日経225(ミニ)先物取引の魅力

先物取引特有のレバレッジを利かせることによって、少ない資金で大きな取引ができます。指数取引の先物と聞くと難しそうに感じますが、指数という株式を期日前までに取引をするごく簡単な取引です。つまり、買った株 …

先頭へ