日経225先物取引

日経225(ミニ)先物取引の魅力

先物取引特有のレバレッジを利かせることによって、少ない資金で大きな取引ができます。指数取引の先物と聞くと難しそうに感じますが、指数という株式を期日前までに取引をするごく簡単な取引です。つまり、買った株が下がってしまったら、そのまま持ち続けることはだけはできません。

銘柄選択不要のメジャー商品

「日経225」そのものは、平均株価の指数なので、売買することはできません。かといって、225社の現物株式を時価で買うにはかなりの資力が必要です。ところが、日経225先物取引のような指数化されたものが売買できると、株式を取引しているような感覚で売買ができます。

日経225先物取引は、投資対象が日本経済そのものなので、個別銘柄を売買していても、会社が倒産するというリスクがありません。また、個別銘柄のように企業ごとの業績やセクター要因に、価格が影響されにくいというメリットもあります。

個別株を売買するときのように、数千ある銘柄の情報を収集し、値上がりしそうな業種や銘柄を分析、予想する必要もありません。また、マーケットが活況を呈して、ほとんどの銘柄が値上がりしている時に、自分の保有銘柄が値上がりしないなどということはありません。ニュースで流れる速報値に、ダイナミックに反応するのも日経225先物取引の魅力のひとつです。

レバレッジで資金効率が良い先物取引

日経225先物取引は個別株比べ、少ない証拠金で取引できるので、少ない資金で大きな取引を行える、レバレッジ効果の恩恵があります。先物取引特有のレバレッジを利かせて、現物株の30分の1程度の100万円以下の証拠金で取引ができます。

さらに、日経平均が上昇しそうなら「買い」、下落しそうなら「売り」からのスタートでき、信用取引の売建(空売り)では、貸株料や場合によっては逆日歩が必要なこともありますが、日経225先物取引では、売建のコストがかかりません。その後、価格が予想通りに動けば、反対売買により差金決済することができます。

商品の流動性が高いので安定

日経225先物取引は、市場の参加者が多く、それに伴って出来高も多いので、売買しやすい環境にあるといえます。つまり、流動性が高いということは、市場が大きく「買いやすく売りやすい」ということです。市場が小さいと「売り物や買い物」がないことで、売買できないこともあるからです。

取引が常に成立するということは、これは売買する投資家にとっては、大きな安心感となります。また、呼値単位は10円(日経225miniは5円)と小さく、呼値(10円)の変動による損益は10000円となりますが、「誘導性が高い」と希望する価格で売買することが容易になります。

[最終更新日]2016/03/14

-日経225先物取引


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

日経225先物取引の基本条件

日経225(mini)先物取引の立会時間、呼値、必要な資金と売買単位。 立会時間 日経225先物取引、日経225mini、日経300先物取引 前場 09:00~11:00 後場 12:30~15:10 …

no image

日経225先物取引は少額からできる

日経平均(日経225)が15000円ていどなら、60万円ほどの証拠金で「1枚」売買できる。会社が倒産するリスクがなく、日経平均株価の上げ下げだけを予測するだけ。 日経225先物取引は証拠金取引 証拠金 …

no image

やってはいけない日経225先物取引

心理面でも資金面でも余裕を持てる人以外は、「この魅力的な先物取引に手を染めてはいけない」と一般的に言われていますが、損失を決めて取引をすれば決して怖いことはありません。資金に余裕もつということよりも、 …

no image

日経225先物取引を開始する建玉

日経平均の上昇予想なら「買い」、下落予想なら「売り」の注文を出し、予想通りに日経平均が動いたら反対売買により利益を得ることができる。また、当然相場が逆に動けば損失が発生します。 どの限月に建玉するか …

no image

投資対象は日経平均株価(日経225)

「日経225先物」や「日経225mini」は、日経225(日経平均株価)という株価指数を商品と見立て、先物取引として売り買いされています。 日経225先物取引の種類 日経225先物は商品先物取引と同じ …

先頭へ