日経225先物取引

日経225先物のラージとmini

大阪証券取引所に上場されている日経225の先物取引には「日経225先物」と「日経225mini」があります。1枚(取引単位)は先物価格(日経225)の1000倍になり、日経225が10000円なら約定代金は、10,000円 × 1000倍 × 1単位 = 1,000,000円 になりますが、証拠金取引ではその1/3程度の証拠金で、miniならさらにその1/10で取引ができます。
日経225先物 日経225mini
1枚売買代金 約定単価×枚数×1000倍 約定単価×枚数×100倍
1枚証拠金 50万円程度 5万円程度
日経225は、別名「日経平均株価(にっけいへいきんかぶか)」「日経平均(にっけいへいきん)」「日経ダウ平均(にっけいだうへいきん)」などと呼ばれています。東京証券取引所の第一部上場銘柄のうち、市場を代表する225銘柄を対象とした株価を指数化したもので、もっとも代表的な株式市場の動きを表す指標だといわれています。日経225の算出式は、日経225=225銘柄の株価合計÷除数です。

先物取引は本来、農作物なとの収穫量の変動による「価格変動の損失回避(リスクヘッジ)」という目的がありますが、株価にも同様のリスクヘッジにも使われるようになったのが、「日経225先物取引」や「日経225オプション取引」です。

日経225先物取引は、機関投資家や個人を問わず、日本経済の将来値を予測し「上昇すると予測すれば買い」「下落すると予測すれば売り」の建て玉をして、「買い建て玉は、転売による決済」か「売り建て玉は、買戻しにより決済」することによって売買差益を狙う取引です。

この「転売」または「買い戻し」をして決済することを「差金決済」と言います。建て玉はSQ日まで持っていた場合、SQ日の清算指数と建玉の約定価格とで決済されてしまいますので、SQ日までに建玉を反対売買(転売または買い戻し)することによって、損益を確定するのが一般的です。

日経225の特徴は、原則として採用銘柄を入れ替えない為に、比較的長期間に渡って継続性が維持されることにあります。しかし、対象が225銘柄に限られているため、発行済株式数が少なくて単位株価の高い株の銘柄の動きに左右されることも多いという面があリます。海外でもよく知られた指数ではあり、日本の株式市場を代表する株価指数といえます。

同じような指数にTOPIX(トピックス)やマザーズ指数などがありますが、たとえばTOPIXは東証一部に上場しているすべての銘柄を指数値化したものです。値動きの激しいハイテク、IT系の銘柄が組み込まれているため、 TOPIXよりは、そのハイテク系の株価の影響を受けやすいといわれています。

新聞やテレビのニュースでおなじみとなった「日経平均」ですが、「日経225先物」はこの「日経平均」を対象とした、とても身近な金融商品です。日経平均の上げ下げを予想するシンプルな取引であることから、最近は「日経225先物」を10分の1サイズにした「日経225mini」が個人投資家の人気となっています。

たとえば「日経225先物」を16,000円で1枚買い、高くなった時点の16,300円で決済すると、300円×1,000倍で300,000円が利益になります。「日経225mini」はこの10分の1ですから、300円×100倍で30,000円が利益となります。

証券会社に預ける必要証拠金も、「日経225先物」の最低が100万円弱なのに対して、「日経225mini」は10万円弱から始められます。取引手数料は片道2,000円弱に対して200円残後となっています。この手数料はデイトレの手数料で、通常は往復の手数料がかかります。

[最終更新日] 2016/03/14







-日経225先物取引


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

日経225(ミニ)先物取引の魅力

先物取引特有のレバレッジを利かせることによって、少ない資金で大きな取引ができます。指数取引の先物と聞くと難しそうに感じますが、指数という株式を期日前までに取引をするごく簡単な取引です。つまり、買った株 …

no image

日経225先物取引の建玉と決済

あらかじめ定められた期日までに決済する取引の流れと損益の確定。先物取引の利益に対して申告分離課税の20%(所得税l5%+住民税5%)が課せられる。 あらかじめ定められた期日までに決済する取引の流れ 株 …

no image

やってはいけない日経225先物取引

心理面でも資金面でも余裕を持てる人以外は、「この魅力的な先物取引に手を染めてはいけない」と一般的に言われていますが、損失を決めて取引をすれば決して怖いことはありません。資金に余裕もつということよりも、 …

no image

投資対象は日経平均株価(日経225)

「日経225先物」や「日経225mini」は、日経225(日経平均株価)という株価指数を商品と見立て、先物取引として売り買いされています。 日経225先物取引の種類 日経225先物は商品先物取引と同じ …

no image

日経225先物取引は少額からできる

日経平均(日経225)が15000円ていどなら、60万円ほどの証拠金で「1枚」売買できる。会社が倒産するリスクがなく、日経平均株価の上げ下げだけを予測するだけ。 日経225先物取引は証拠金取引 証拠金 …

先頭へ