日経225先物取引

投資対象は日経平均株価(日経225)

「日経225先物」や「日経225mini」は、日経225(日経平均株価)という株価指数を商品と見立て、先物取引として売り買いされています。

日経225先物取引の種類

日経225先物は商品先物取引と同じ先物取引です。ただ、取引するのは工業品や穀物ではなくて、日経225(日経平均株価)とは東証一部上場企業のうちの主な225社の株価の平均値で、日本経済新聞社が算出して公表しています。「大証」の日経225先物取引と「東証」にTOPIX先物取引が代表的な株価指数ですが、この日経225の株価指数を取引するのが「日経225先物取引」です。

平均株価指数先物取引ってなに?

日本の株式市場の東京証券取引所(東証)一部に上場している銘柄の、全部または一部の価格の平均を算出したものを「平均株価」といいます。この株価の平均を指数化することによって、株式市場全体の価格動向を知ることができます。

この日経225の指数を基にした先物取引が「日経225先物取引」です。この「日経平均」は、ある意味で日本経済や日本企業の現在と未来姿を素直に反映する、経済の鏡ともとも言えます。

平均株価指数には、日経225、TOPIX、マザーズ指数など様々ありますが、この平均株価の算出方法の違いによる代表として、「日経平均株価(日経225先物)」と「東証平均株価(TOPIX先物)」が挙げられます。

日経平均株価

日経平均株価は日本を代表する企業225社の株価を平均して算出した株価指数であり、単純に「日経225」と呼ばれたりもします。

東証平均株価

日経平均株価の225種に銘柄だけでなく、より株式市場全体の動向が反映されるように、東証全銘柄の時価総額を指数化したものということができます。

このように指数化された日経平均株価を、今の価格で数カ月先の購入を予約する取引を株価指数先物取引といいますが、広く利用されている取引の「日経225先物」は * 大阪証券取引所(大証)、「TOPIX先物」は東京証券取引所(東証)の商品です。

このように、株価指数先物取引では、売買時点の平均株価指数(日経225)を「将来の一定の期日」に「売買時点で取り決めた価格」で取引することを「約束する」することになります。この日経225の株価指数を取引するのが、* 「日経225先物取引」なのです。

[最終更新日] 2016/03/14







-日経225先物取引


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

先頭へ