商品先物取引、日経225先物取引、FXなど、資金効率と手数料が有利なCFDでやる勝率50%で勝てるトレード法

日経225先物取引の基礎

  • HOME »
  • 日経225先物取引の基礎

日経225(日経平均株価)を簡単に言えば、日本の産業の動向を数字に擬縮したもので、日本を代表する企業225社の株価を基に、日本経済新聞社が算出している日本経済を表す重要な指数です。特定の株式を売買するのではないので、株価操作や倒産のリスクを回避することができ、レバレッジを効かせた資金運用ができます。

投資対象は日経平均株価(日経225)

「日経225先物」や「日経225mini」は、日経225(日経平均株価)という株価指数を商品と見立て、先物取引として売り買いされています。

日経225先物のラージとmini

大阪証券取引所に上場されている日経225の先物取引には「日経225先物」と「日経225mini」があります。1枚(取引単位)は先物価格(日経225)の1000倍になり、日経225が10000円なら約定代金は、10,000円 × 1000倍 × 1単位 = 1,000,000円 になりますが、証拠金取引ではその1/3程度の証拠金で、miniならさらにその1/10で取引ができます。

日経225先物 日経225mini
1枚売買代金 約定単価×枚数×1000倍 約定単価×枚数×100倍
1枚証拠金 50万円程度 5万円程度

日経225先物の魅力

日経225先物先物取引は、日経平均株価の上げ下げを予測するだけの解りやすい取引で、現物株のように倒産のリスクがありません。

資金効率のいい投資

日経225miniなら証券会社によって違いますが、証券会社に証拠金を預けることで、10万円以下で最低取引単位の取引ができます。

取引時間と限月

現物株の銘柄に相当するのが「限月」と言い「平成○○年×月限」という言い方をします。日経225miniの取引期間は6カ月です。

反対売買と最終決済

限月の取引は最終決済までに反対売買をして損益を確定しなければ、SQ値によって強制的に決済されます。

追証拠金(追証)

損失が膨らむほど頑張りすぎると、証拠金の追加を証券会社から求められます。

スポンサードリンク

PAGETOP
©2017 先物取引入門 All right reserved.