日経225先物取引の基礎

やってはいけない日経225先物取引

投稿日:

心理面でも資金面でも余裕を持てる人以外は、「この魅力的な先物取引に手を染めてはいけない」と一般的に言われていますが、損失を決めて取引をすれば決して怖いことはありません。資金に余裕もつということよりも、先物取引の基本である「損した時の金額をあらかじめ決めてから始める」と言うのが正しい表現です。

投資家心理とリスク管理

現物株の売買では、買った株が上がらすズルズルと下落し、売るに売れなくなってしまった株式を「塩漬け」などと呼んでいますが、先物取引ではマイナスになると「追証」が発生したり、最終決済日(S.Q.決済)には自動で決済されてしまいます。

先物取引では仮に思惑がハズレたら、素早く「損切り」をしないと、ズルズルと損失を拡大することになります。相場の世界では「水に落ちた犬を叩く」といい、「弱り目にたたり目」や「泣き面に蜂」になっている人を、更に追い込もうとします。まさに、多重債務者がマチ金から身ぐるみ剥がれるような状況です。

もちろん、一時的に損になっていた損益も、追証を入れてしばらくすると、好転して利益が乗ってきた、ということがないわけではありません。しかし、そんなことを経験して、儲かっている人がいることを知る人はいません。

投資家の心理は、建玉に利が乗ると早く決済をしたいとあせり、損勘定になるとその損を忘れたいと思ったりします。みんな損を隠したいだけなのです。

相場で儲ける人はこれとは逆で、損失が一定額になるとすぐ「損切り」をして仕切り直しをします。そしていったん利益が乗ったら、天井を確認するまで持ち続けるという考えでいます。

1勝9敗でも最終的に勝てるのがこの先物取引です。心理的にも資金面でも余裕を持って、なおかつ損を認めることのできる人以外は、この魅力的な先物取引の果実を手にすることはできません。

-日経225先物取引の基礎

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

日経225先物取引は少額からできる

日経平均(日経225)が15000円ていどなら、60万円ほどの証拠金で「1枚」売買できる。会社が倒産するリスクがなく、日経平均株価の上げ下げだけを予測するだけ。 日経225先物取引は証拠金取引 証拠金 …

no image

日経225先物取引の証券会社

日経225miniでみじかになった先物取引だが、現物株の証券口座とは別口座の開設が必要になる。取引をする前に預け入れる最低証拠金の額。 日経225先物取引ならではのツールと投資環境 証券会社選びのポイ …

no image

日経225先物取引の建玉と決済

あらかじめ定められた期日までに決済する取引の流れと損益の確定。先物取引の利益に対して申告分離課税の20%(所得税l5%+住民税5%)が課せられる。 あらかじめ定められた期日までに決済する取引の流れ 株 …

no image

投資対象は日経平均株価(日経225)

「日経225先物」や「日経225mini」は、日経225(日経平均株価)という株価指数を商品と見立て、先物取引として売り買いされています。 日経225先物取引の種類 日経225先物は商品先物取引と同じ …

no image

日経225先物のラージとmini

大阪証券取引所に上場されている日経225の先物取引には「日経225先物」と「日経225mini」があります。1枚(取引単位)は先物価格(日経225)の1000倍になり、日経225が10000円なら約定 …