日経225(mini)先物取引の立会時間、呼値、必要な資金と売買単位。

立会時間

日経225先物取引、日経225mini、日経300先物取引

前場 09:00~11:00
後場 12:30~15:10
イブニング・セッション 16:30~19:00
半休日 9:00~11:10

呼値

呼値とは売買の1株当たりの値段のことです。

日経225オプション取引の呼値

呼値 最低単価の値動き
日経225先物取引 10円 10,000円(10円×1,000倍)
日経225mini 5円 500円(5円×100倍)

日経225先物取引に必要な資金と売買単位

「日経225先物取引」を開始するのに必要な資金は、「証拠金」と呼ばれ、毎週、大阪証券取引所(大証)が算出する証拠金額をもとに、取扱会社が決定します。そのため毎週のように、証拠金(50万円程度)が変動すると思って間違いありません。そのため、準備できる証拠金自体にも余裕も持つことが必要です。

この証拠金の額で「日経225先物取引」ができる最小取引単位を1枚といいます。倍率は1000倍ですので、仮に日経225先物が100円動いた場合、日経225先物の建玉1枚を決済すると【100(円)×1000(倍)×1(枚)=100,000(円)】10万円分動いたことになります。

つまり、日経225先物が10,000円ならその1000倍である1,000万円が取引金額ですが、「証拠金制度」は千分の1の資金を「証拠金」として預ければ取引することができるのです。

この少ない証拠金で、1500万円分の投資ができるわけですから、投資効率は非常に高いいえます。しかし、「投資効率が高い」ということは、リスクも高くなります。たった1枚の取引でも、実際には1000倍の取引をしているわけですから、損をした時のことを念頭においた資金管理をしなければなりません。