日経平均(日経225)が15000円ていどなら、60万円ほどの証拠金で「1枚」売買できる。会社が倒産するリスクがなく、日経平均株価の上げ下げだけを予測するだけ。

日経225先物取引は証拠金取引

証拠金取引とは、予め一定の現金(有価証券)を預け入れて、その預け入れした現金にレバレッジをかけて数倍の取引をし、決済をしたときに利益もしくは損失の差額だけを清算するという取引のことをいいます。決済までに損失を限定するために、予め証券会社にお金を差し入れておくというのが証拠金の目的です。

この日経225先物取引の証拠金が、FXや株の信用取引の証拠金との違いは、FXや信用取引の証拠金が「取引額に対しての割合」という単純な計算方法であるのに対し、日経225先物は「SPAN証拠金」といわれる独自の指数を使って必要な証拠金額を計算します。

株を買う20分の1ほどの資金で取引ができる

レバレッジとは、ご存知のように「てこ」のことですが、自分の資金を元手に、何十倍もの金額の取引ができるので「レバレッジ効果」と言っています。「てこ」の原理で、自分の力の何倍もの力を与えることができるわけです。

このレバレッジ効果により、少ない資金で自分の力以上の取引ができることになると、日経225先物取引は「信用取引は絶対やるな」と怖い物の代名詞のように言われたものより「怖いもの」になります。事実、資金に対して、信用取引が3倍程度なのに対して、日経225先物取引は20倍以上もの取引になります。

このようなハイリスク商品の魅力は、何といってもハイリターンです。100万円程度の「証拠金」を証券会社に預けると、日経平均(日経225)が15000円なら、総額1,500万円(日経平均15000円×1000倍=1,500万円)で、1000倍の取引をしていることになります。

取引の最小取引単位と証拠金

その日経225先物取引の最小取引単位は1枚といい、1枚を建玉(売買)するのに必要な証拠金は60万円程度なので、資金に対して20倍(1500万円÷60万円>20倍)以上のレバレッジを利かせて取引していることになります。

日経225先物価格が1万5000円ならその1000倍である1500万円が取引金額ですから、日経225先物価格が100円動くと、日経225先物取引の建玉1枚で、10万円分(100(円)×1000(倍)×1(枚)=100000(円))動いたことになります。

そして、預入証拠金が60万円なら、日経225先物価格が300円マイナスに動くと、30万円の損金が発生するので、証拠金60万円の担保力が半分になり、追加の証拠金(追証)を入れるか決済しなければならなくなります。