コンピュータ犯罪の歴史

コンピュータはこの2?30年で、大企業や一部個人だけが持つ孤立時代、電話回線を通じてデータのやりとりを行う草の根ネットワーク時代を経て、誰もがテレビのように見たり、世界に情報を発信したりできる大規模で身近な存在へと発展してきました。

コンピュータさえあれば、仕事も、お金の振込みも、お買い物も、自宅でお小遣い稼ぎもできてしまいます。

 会社や個人だけでなく、今や、身近な市役所や保険、税金に至るまで、国の重要な情報がすべてコンピュータ化されています。

 コンピュータのデータなんて、仕組みを知っていれば、やりとりをのぞいたり、データを変更して事実を書き換えてしまうことは簡単です。

 国民としての大切な情報や、自分の土地やお金、仕事の契約書が、です。


 コンピュータによる犯罪については、1987年に初めて、コンピュータに関連する不法行為を罰する法律ができました。

 偽情報を登録したり、他人のデータを不正にのぞいたりすることは罪ですよ、という内容です。


 その後、インターネットや携帯電話の普及で、迷惑メールや、性情報の氾濫が社会問題になりました。

 さらには、掲示板を利用しての個人や企業の名誉の損害、犯罪の話し合いや予告、集団自殺などもとりざたされています。


 利用者と問題、法律が着々と増え続けている。

 コンピュータ犯罪の歴史は、まだまだ始まったばかりのようです。