FX 先物取引入門 ~ 少資金ハイレバレッジ投資法

FX 商品 日経225など資金効率と手数料が有利な先物取引で勝率50%の勝てるトレード法

為替の売買であること

格言に酔うな!

投稿日:

まだ買うのは早いと思っていると相場は上昇し、まだ上がるだろうと思っていると下落して行くということは、相場をかじっただけの人でも経験することです。
ということは、「逆もまた然り」と下がるのを待っていたら「まだはもうなり」で、もうこんなに上がってしまったと言うこともあるわけで、この時点で訳が解らなくなります。
つまり、いくら格言を覚えていても、相場の変化に対応することは不可能なのです。


ただ、不可能ということを十分わかった上で、自分の玉に対する注意を怠らないことが大切なのです。
「値ごろ感」もその時感じる「感」なのであって、そんな「感」をあてにして買ってはいけないのです。
上がっているときに、先を見ると「もっと高くなりそうだから」と言って飛びつくのも、とっても危険な行為であることを認識しておかなければなりません。
相場には素直に向き合うべきですが、その逆に「上昇局面はしっかりと買い」「下降局面にはしっかりと売る」と考えるべきかについては、これも危険が潜んでいます。
相場の流れに乗り大きく儲けたいとは誰しも思うことですが、反対売買の相手がいない限り、相場の動き以外に大きな儲けはできません。
相場で儲けることは簡単ですが、損をすることも簡単です。今日儲かってもあした損するかもわからないのです。あなたは、そんな状況の毎日を繰り返したいですか?
儲けるために始めたことが、苦しみに変わってはいけません。
巷にあふれているFXに関連するたくさんの書籍や情報商材が、「○○%儲かる」「損しない」「簡単らくらく」などと謳っていたら、それこそ気をつけるべきなのです。
FXに関する情報で、魅力的なキャッチコピーが踊っていたら、まず「損することある」と、その情報を疑ってください。
このくらい簡単にFXは簡単に儲かり、簡単に損するものですから、煽っていることは嘘とも言えないのですが、儲かっている誰しもがそんなに派手に儲けてはいないことを認識しておいてください。

-為替の売買であること

関連記事

no image

強力なツール「テクニカル分析」の本質

テクニカル分析はファンダメンタルズ分析と違い、実際の買い時や売り時をシグナルが示してくれます。 相場は「上がり続けたり」逆に「下がり続けたり」することはありません。「上がったら下げ」必ず「下げたものは …

no image

ファンダメンタルズとテクニカル分析

??派などと言って、テクニカル分析が好きな人vsファンダメンタルズ分析が好きな人という中途半端な対立ではなく、批判的をしあくこともしばしばです。

no image

流れを読んだ気になるな

代表的な5つのテクニカル分析を紹介しましたが、どれを選ぶかはあなたの気に入ったものでいいと思います。「気に入ったもの」を選ぶには、試したり研究しないとわからないと思いがちですが、とりあえず何か一つでい …

no image

ファンダメンタルズ分析は重要?

世界の経済情勢から政治状況まで、各国のあらゆる出来事を総合的に判断分析して売買に役立てる?なんて、とものできたものではありません。個人にできるのはせいぜい経済指標をチェックするくらいなものです。

no image

年間の利益をどの程度に考えるか

年利20%前後ならば、スワップ金利を利用してほとんど安全に利益を上げることは可能です。そのためには「レバレッジ」「為替差益」「スワップ」をうまく組み合わせなければなりません。