FX証拠金取引入門

fxマージンコール

fxの「マージンコール」とは、取引に必要な保証金額が、取り決めた割合いを下回った際に、業者から出される警告のことです。


つまり、このまま相場が逆に動くと、証拠金に対する損失がの割合高くなって、証拠金が足りない場合に警告が出されます。マージンコールの基準やその後の処置は、fx業者によって違っています。
また、マージンコール自体を採用していないfx業者もあります。マージンコールが発生した場合には、翌銀行営業日までに維持率を回復するだけの金額を口座に入金するか、これ以上損失がでないように決済するのかを選ぶのが一般的です。
更にfxでは、証拠金を大きく割り込んでしまうと証拠金を追加する選択肢はなくなり、強制的に決済をしてしまうことがあります。これを「強制ロスカット」といって、損失が膨らんで証拠金がマイナスになってしまうことから投資家を守るしくみがあります。
fx投資家の口座に対して、30分おきにその時点の時価評価(値洗い)を行なっている業者では、毎営業日、午後3時時点の評価損の合計金額が、預けられている証拠金の半分の額を上回っていた場合(口座の維持率が50%を下回っている場合)には、その証拠金の資産の担保力がいちじるしく低下していると判断し、投資家に対して警告のメールを送信するそうです。
fxの「マージンコール」「強制ロスカット」の基準は、レバレッジの設定と深い関係があり、あるfx業者の例では、リスク管理を助ける目的と称して、マージンコール制度を設けていて、これがマージンコールと呼ばれるものです。

[最終更新日] 2008/05/30







-FX証拠金取引入門

先頭へ