為替の売買であること

強力なツール「テクニカル分析」の本質

テクニカル分析はファンダメンタルズ分析と違い、実際の買い時や売り時をシグナルが示してくれます。
相場は「上がり続けたり」逆に「下がり続けたり」することはありません。「上がったら下げ」必ず「下げたものは上げ」ます。
このような相場の分岐点を、視覚的、感覚的とらえることができるのがテクニカル分析といえます。


このテクニカル分析は、市場参加者の心理を形に反映したものですから、使用基準さえしっかり押さえておけば、売買の強力な武器となることは必至です。
また、テクニカル分析というと、高度な理論や数式を計算することをイメージしがちで挑戦しにくいようですが、いまでは素人ができない計算でもコンピューターが、一瞬で計算してくれますから間違うことはありません。
トレードの時テクニカル分析を参考にするあなたは、PCの画面を見つめ「買い」や「売り」のシグナルが出れば、チャートの経過を見て総合的な判断を行えばいいことだけになります。
ここで紹介するテクニカル分析は、基本的なものだけにします。興味がある人は、本編で見てください。
今はインターネットのどのサイトでも、テクニカル分析の詳しい説明を入手することは可能ですが、大事なことはその分析手法の長所や短所を述べるのではなく、具体的な対処法が示された解説を見ていってください。
以下に代表的なテクニカル分析の種類をあげておきます。
【移動平均線】
移動平均線は過去の一定期間のレート(一日の終値)の平均値をグラフ化したもので、数あるテクニカル分析の中で一番有名といってもよいものです。
【一目均衡表】
一目山人(本名・細田悟一)という人物が、長い年月をかけて考案した。特に時間を重視し売りと買いの均衡関係が一目で分かるように工夫されている。その均衡が破れた方向にトレンドが発生すると考える。
【パラボリック】
パラボリックとは「放物線状の」という意味。売買ポイントを示すSAR(ストップ・アンド・リバース)と呼ばれるグラフから売買のサインを読み取る。
【RSI】
Welles Wilder 氏が考案したテクニカル分析。市場価格の乖離から買われすぎ売られ過ぎを判断し、売買のシグナルとする。70以上は買われ過ぎ、30以下は売られ過ぎと判断し、逆張りの目安として利用する。
【ストキャスティックス】
直近の終値価格が一定期間のレンジの中でどぐらいの水準にあるかを分析する。%Kと%Dという2本のラインより買われ過ぎ、売られ過ぎを判断する。
【MACD】
MACDとは「Moving Average Convergence/Divergence Trading Method」の略になります。日本語では移動平均・収束・拡散手法といい、2本の移動平均線(MACDとそれを単純移動平均化したシグナルの2本のライン)を用いることで相場の周期とタイミングを捉えるテクニカル分析になる。

[最終更新日] 2008/04/26







-為替の売買であること

先頭へ