FX 先物取引入門 ~ 少資金ハイレバレッジ投資法

FX 商品 日経225など資金効率と手数料が有利な先物取引で勝率50%の勝てるトレード法

為替の売買であること

ファンダメンタルズとテクニカル分析

??派などと言って、テクニカル分析が好きな人vsファンダメンタルズ分析が好きな人という中途半端な対立ではなく、批判的をしあくこともしばしばです。


確かにファンダメンタルズを無視した、テクニカル分析だけでは限界があると思えないこともありません。
主要国などが突然「為替政策」を変更したりすると、テクニカル分析のサインだけでは事足りないこともあります。
しかし、そんな時はどんな対応をしたとしても空しくなることもしばしばなのが相場というもので、せめてテクニカル分析にでも頼らなくてはいられないという時もあります。
相場は人がどのように「為替」の売買をするかで値動きが決まります。為替を動かしているものは「金利差」でも「重要な経済指標」でも「テクニカルの売買サイン」でもありません。
つまり、相場は「為替」に影響を与えるすべてを判断し、自分がどう思うではなく、市場の参加者がどのように考える行動を取るのかが重要なのです。
為替で儲けるためには他の市場の参加者がどのように考えているのかを分析する事が非常に重要となってくるのです。
例えば、アメリカのGDP(国内総生産)の成長率の伸びが良かったとします。すると、その結果がアナリストや記者などの事前の予測の範囲内であれば、「織り込み済み」とされ、為替にはほとんど影響がない場合があります。
逆に、GDPのいい結果が出ても、その結果が事前の予測よりは、悪い結果だった場合、ドルが下がることもあるので、上がったか下がったかではなく、売買の相手がどう考えて行動したかがいかに重要かが解ります。
つまり、多くの人がテクニカル分析で売買の決定をしていると仮定すると、そのテクニカル分析で相手の動向がわかるといえなくもありません。
さらに「テクニカル分析」が投資家がどう考えているのか心理を表しているとも言えなくもないわけですから、テクニカル分析を全く

-為替の売買であること

関連記事

no image

格言に酔うな!

まだ買うのは早いと思っていると相場は上昇し、まだ上がるだろうと思っていると下落して行くということは、相場をかじっただけの人でも経験することです。 ということは、「逆もまた然り」と下がるのを待っていたら …

no image

強力なツール「テクニカル分析」の本質

テクニカル分析はファンダメンタルズ分析と違い、実際の買い時や売り時をシグナルが示してくれます。 相場は「上がり続けたり」逆に「下がり続けたり」することはありません。「上がったら下げ」必ず「下げたものは …

no image

年間の利益をどの程度に考えるか

年利20%前後ならば、スワップ金利を利用してほとんど安全に利益を上げることは可能です。そのためには「レバレッジ」「為替差益」「スワップ」をうまく組み合わせなければなりません。

no image

スワップ金利と差益を狙う効果的な方法

なんのためにFX証拠金取引をするのかといえば、利子・配当金・家賃・地代と同じように、放っておいてもお金が入ってくるように投資を行っているわけです。

no image

FX証拠金取引での勝利はよりシンプルに!

「安く買って、高く売る」だけで儲けることができるのですが、最も大事なことは「損をしない」ことなのです。 では、その「損をしない」ためにはどうしたらいいのでしょうか。 売買の基本をまとめてみましょう。 …