為替の売買であること

スワップ金利と差益を狙う効果的な方法

なんのためにFX証拠金取引をするのかといえば、利子・配当金・家賃・地代と同じように、放っておいてもお金が入ってくるように投資を行っているわけです。


不動産の地代や家賃と同じように、FXを利用すればより確実に金利収入を得られる方法であっても、FX証拠金取引の目的は、この「儲ける」の一語に尽きるといって間違いありません。
FX証拠金取引というと、「より確実なスワップ狙いの投資」とか「差益を狙った投資」と分けて考えていることが多いようです。
確かに「スワップ金利」と「差益」はFX証拠金取引で儲けるための大きな柱に違いはないのですので、どちらにも偏って考えるべきではないのですが、「スワップ金利」で不労所得を得ようとに取り組み始める人が非常に増えています。
しかし、その多くの人は、「スワップ金利」だけに目を向けているために、「為替の変動リスク」という、FX証拠金取引が持つ潜在的なリスクがあることに気づいていません。このことは、非常に危険な状態でFX証拠金取引をしているといわなければなりません。
例えば、スワップ金利狙いで投資を行っていても、レバレッジの設定が適正でないために、突然の為替で大損する可能性があることに気がづいていないことなどもあります。
金利だけに目が向いているために、「損切り」の設定も考えていないなど、慌てているうちに損失が拡大してしまった例もあります。
スワップ金利を得ることを目的とした運用では「安全確実」が大前提ですから、為替が急激に動いたとしても問題ない、為替変動のリスクも考えた方法で取り組む必要があります。
つまり、資金に余裕をもって、余剰金で損切りされない水準でポジションを持ちさえすれば、安全確実にスワップ金利だけを、毎日コツコツと受け取り続けることができることを再認識しておいてください。

[最終更新日] 2008/04/16

-為替の売買であること

関連記事

no image

格言に酔うな!

まだ買うのは早いと思っていると相場は上昇し、まだ上がるだろうと思っていると下落して行くということは、相場をかじっただけの人でも経験することです。 ということは、「逆もまた然り」と下がるのを待っていたら …

no image

流れを読んだ気になるな

代表的な5つのテクニカル分析を紹介しましたが、どれを選ぶかはあなたの気に入ったものでいいと思います。「気に入ったもの」を選ぶには、試したり研究しないとわからないと思いがちですが、とりあえず何か一つでい …

no image

ファンダメンタルズとテクニカル分析

??派などと言って、テクニカル分析が好きな人vsファンダメンタルズ分析が好きな人という中途半端な対立ではなく、批判的をしあくこともしばしばです。

no image

ファンダメンタルズ分析は重要?

世界の経済情勢から政治状況まで、各国のあらゆる出来事を総合的に判断分析して売買に役立てる?なんて、とものできたものではありません。個人にできるのはせいぜい経済指標をチェックするくらいなものです。

no image

年間の利益をどの程度に考えるか

年利20%前後ならば、スワップ金利を利用してほとんど安全に利益を上げることは可能です。そのためには「レバレッジ」「為替差益」「スワップ」をうまく組み合わせなければなりません。

先頭へ