コンピュータ操作者 資格試験

コンピュータのエンジニアは、資格試験より実践力だ、などと言われています。

資格試験をどれだけクリアしていても、実際の仕事をこなした経験にはかなうものがありません。

 お給料に直接反映するのは経験と実力ですが、コンピュータ関連の会社員なら、技術手当てとして、資格試験が考慮されることもあります。

 少し勉強すれば取れるようなものは、ぜひいくつか取っておきましょう。


 基本は国家資格でもある、情報処理技術者試験でしょうか。

 さらに、プログラマーやSEを目指すなら、データベースのオラクルや、工程管理能力の資格試験に挑戦すれば、在職中でも、転職でも、やる気や技術力をアピールできるのではないでしょうか。

 ネットワーク関連なら、シスコなどが有名です。


 コンピュータの技術者に限りませんが、とにかく積んだ経験が財産です。

 上司や同僚の財産を自由自在に引き出せる人間関係が、種銭と言えるかもしれません。

 資格試験と人間関係の両方の財産を、少しずつ豊かにしていきたいですね。