FXで勝つポイント

相場は人間が考えていることと同じ動きをする

「相場は難しい」というのが経験者の大半です。経験のない人は、鼻から否定するかやろうともしません。相場は本当に難しいのかどうか少し考えてみましょう。


当たらずとも遠からずなのは、やらなければ儲からないわけです。「相場は難しい」のではなくて、やり方の基本をもってやらないからです。
つまり、日常の生活をしていく中で、「覚悟」などは必要ないのと同様、仕事でも必要ないかもしれません。つまり、なんとなくお金を預けていれば、利子で元金が増えるなどと、無難な現実に甘んじてしまっているからです。
ほとんどの人は、相場の経験などないのが普通ですが、一端相場をしようと思った途端、儲けることに目覚めてしまいます。しかし、いくら「めざ見た」と言っても、人一倍勉強しないと儲けることができないなどと悩んだりして、相場を難しくしている訳ではないような気がします。
このことは、のちに失敗したときに解るわけですが、多少失敗があっても勝ち続けてしまう例がないわけでもありません。
そうです。儲けてしまった例は実に簡単です。
相場の極意「安く買って、高く売る」または、その逆の「高く売って、安く買い戻す」しかないのです。
基本的にこれさえできれば、誰でも儲けることができます。この単純なことができていないから儲からないのです。
そんなことなら誰だって言います。相場は昔から同じなのですから。
とは言っても、相場の動きには絶対というものがないのですから、自分ではここが安いと思っても、人は高いと思うわけです。それだから、買う人がいて、売る人がいるわけです。
他人の頭の中などくいくら研究してもわからないばかりか、こんなことを値動きから推測しようなどと考えても、必ず勝てるという保証ガありません。そういう点で「相場は難しい」のかもしれません。
しかし、いくら相場は不確実の極みといっても、でたらめに動いているのかと言うとそうではありません。グラフを見れば、上昇トレンドと下降トレンドのように、大勢の傾向が継続することがしばしば起こります。
この大きな流れを捕らえて、その流れに逆らわずに取引を行なうことができれば、非常に高い確立で利益を得ることができるはずですが、それができないのは、「もっと高く売ろう」とか「もっと安く買おう」との欲だけではありません。

[最終更新日] 2008/03/03







-FXで勝つポイント

先頭へ