FXの取引概要

FX証拠金取引業者選びのポイント ?

これから取引をする業者の何を基準に見ていけばいいのでしょうか。基本的にまず、手数料は「安い方が良い」、スワップ金利は「高いところが良い」、レバレッジは「50倍で十分」、取引単位はほとんどが「1万通貨単位」なので、1万通貨以下でいいでしょう。


あとは、実際のトレードのときの取引画面ですが、極端に見にくい、分りにくいシステムや画面は避けたほうがいいでしょう。ただ、1日中画面を見つめ続ける訳ではないので、あまり気にすることはありません。
個別にもう少し詳しく見てみましょう。
■手数料
手数料は安ければ安いほど取引には有利です。だからと言って、信頼できない業者では預けた資金が心配でなりません。情報ツールやトレードシステム等のサービスの充実度も考えた上で判断してください。取引金額やデイトレードなど、コースにより手数料が有利になるサービスを行っている業者や、海外の業者などで手数料が無料のところもあります。
■スワップ金利
スワップ金利は業者によって、多少ですが差があります。外貨を買った時は「買いのスワップ金利が高いところが有利」となりますが、外貨を売ったときの「スワップ金利の支払いも高く」なります。外貨の買いだけやる場合は、スワップ金利の高い業者が断然有利です。
■レバレッジ(てこ)
米ドルに例えると、1万通貨の取引を10万円(レバレッジ約10倍)の資金での取引が行えるところもあれば、2万円(レバレッジ約50倍)で行えるところもあります。最も高いところは、レバレッジ200倍などという業者もあり、レバレッジは業者によってバラバラです。
つまり、レバレッジが大きいということは、少ない資金で大きな金額の取引ができるということです。よく「レバレッジが大きくなるとリスクのコントロールが難しくなる」といわれますが、リスクコントロールはレバレッジの大小ではありません。
そもそも、先物は大きな損失を被る可能性が高くなりますので、控えめにしたほうがいいということです。資金量全体のバランスを考えて、レバレッジ10倍?50倍程度の業者を選べば問題ないといえるでしょう。

[最終更新日]2007/12/04

-FXの取引概要

関連記事

no image

FX証拠金取引業者選びのポイント ?

最後に取引をする業者の「預け入れる証拠金」「取引単位」「トレードシステム」の基準を見てみましょう。

no image

FX証拠金取引のリスク ? (カントリーリスク)

国の信用度に応じてのリスクで、為替独特のリスクともいえます。海外投資を行う場合などに、その国の政治的、経済的、安定度によっても負うリスクは違ってきます。

no image

通貨ペア

よく知られているのはドル(米ドル)を日本円で売り買いすることです。株と違いFXの取引対象となる通貨ペアは、せいぜい20通貨と限られています。ドル/円だけを売買するなら、その通貨をチェックすればいいわけ …

no image

後悔しない業者選び

さて、FX証拠金取引業者選びのポイントは解ったけれども、具体的にどんな業者が「自分にあった業者」なのかというと、星の数ほどある業者の中から探し出すのはなかなか難しいものです。

no image

取引開始までにあやふやなことをなくしておく

いくらネットで取引ができるからといって、人を介さないで口座をつくり、送られてきた取引要綱を確認しただけでは納得のいかないことも出てくるはずです。FX取引業者が電話でどんな対応をするのか、どれくらいユー …

先頭へ