FX 先物取引入門 ~ 少資金ハイレバレッジ投資法

FX 商品 日経225など資金効率と手数料が有利な先物取引で勝率50%の勝てるトレード法

FXの取引概要

FX証拠金取引業者選びのポイント ?

これから取引をする業者の何を基準に見ていけばいいのでしょうか。基本的にまず、手数料は「安い方が良い」、スワップ金利は「高いところが良い」、レバレッジは「50倍で十分」、取引単位はほとんどが「1万通貨単位」なので、1万通貨以下でいいでしょう。


あとは、実際のトレードのときの取引画面ですが、極端に見にくい、分りにくいシステムや画面は避けたほうがいいでしょう。ただ、1日中画面を見つめ続ける訳ではないので、あまり気にすることはありません。
個別にもう少し詳しく見てみましょう。
■手数料
手数料は安ければ安いほど取引には有利です。だからと言って、信頼できない業者では預けた資金が心配でなりません。情報ツールやトレードシステム等のサービスの充実度も考えた上で判断してください。取引金額やデイトレードなど、コースにより手数料が有利になるサービスを行っている業者や、海外の業者などで手数料が無料のところもあります。
■スワップ金利
スワップ金利は業者によって、多少ですが差があります。外貨を買った時は「買いのスワップ金利が高いところが有利」となりますが、外貨を売ったときの「スワップ金利の支払いも高く」なります。外貨の買いだけやる場合は、スワップ金利の高い業者が断然有利です。
■レバレッジ(てこ)
米ドルに例えると、1万通貨の取引を10万円(レバレッジ約10倍)の資金での取引が行えるところもあれば、2万円(レバレッジ約50倍)で行えるところもあります。最も高いところは、レバレッジ200倍などという業者もあり、レバレッジは業者によってバラバラです。
つまり、レバレッジが大きいということは、少ない資金で大きな金額の取引ができるということです。よく「レバレッジが大きくなるとリスクのコントロールが難しくなる」といわれますが、リスクコントロールはレバレッジの大小ではありません。
そもそも、先物は大きな損失を被る可能性が高くなりますので、控えめにしたほうがいいということです。資金量全体のバランスを考えて、レバレッジ10倍?50倍程度の業者を選べば問題ないといえるでしょう。

-FXの取引概要

関連記事

no image

為替レートとは2種類の通貨の交換比率

為替レートとは2種類の通貨の交換比率のことで、米ドル1ドルに対して円がいくらで交換できるかということです。 海外旅行にドルを持ち出すときに、銀行で手数料を払って円をドルと交換しますが、110円で1ドル …

no image

FX証拠金取引業者選びのポイント ?

FX証拠金取引を扱っている業者はたくさんあります。その中でも、自分にあった業者を探そうとすると、比較サイトを見るしかないのですが、あまりにもたくさんの選択肢があると逆に困ってしまうものです。

no image

外国為替市場は24時間眠らない市場

外国為替取引は「異なる通貨の売買」を24時間取引を行う、壮大な取引の舞台となるのが市場です。日中は仕事で取引できない人でも、夜遅くに自宅で取引ができるなど、基本的に平日ならばいつでもトレードをすること …

no image

FXの為替取引は通貨を交換(売買)すること

だれでも日経平均株価などといっしょに為替という言葉を、テレビや新聞などで一度は耳にしたことがあると思います。 しかし、「為替」を説明するとなるとチョット難しいのではないでしょうか。為替の定義は、「現金 …

no image

リスクを最小限に抑えれば儲けにつながる

先物取引に限らず株の取引でも、儲かることだけがやたら目に付きます。「うまい話には、裏がある」というのは世の中の常ですが、FX証拠金取引に裏はないまでも、損することがあるのは知っておかなければなりません …