FXの取引概要

FX証拠金取引のリスク ? (取引口座保全のリスク)

FX取引の口座を開いている取引業者そのものが、破綻してしまうリスクも考えておかなければなりません。取引手数料などの高安に関係なく、取引業者の経営に万が一のことが起こっても、顧客の資産を信託銀行に信託し、口座のお金と会社の債権とを分離した「信託保全」ができている業者を選ぶことが大切です。


どんな企業でも破綻しないことはありません。取引会社が破綻してしまうと、自己の口座に預けた資産が戻ってこないこない場合も考えられます。そのことをなんとして避けるためにも、基本的に自己資本規制比率(注)等を目安に、破綻する可能性が低い業者を選ぶことなども考えておきましょう。
(注)自己資本規制比率
金融先物取引法第82 条に基づき、毎月内閣総理大臣に提出しなければならない。また同条第2 項で、金融先物取引業者は、この自己資本規制比率が120%を下回らないようにしなければならないと定められている。

[最終更新日] 2007/11/27







-FXの取引概要

関連記事

no image

魅力的なスワップ金利

FX証拠金取引のスワップ金利は、取引会社で多少異なりますが、10万円で1万ドルの取引を行ったとすると、1日に約150円のスワップ金利を受け取ることができます。しかも、毎日、毎日です。1日に150円と言 …

no image

FX証拠金取引業者選びのポイント ?

最後に取引をする業者の「預け入れる証拠金」「取引単位」「トレードシステム」の基準を見てみましょう。

no image

FX証拠金取引のリスク ? (流動性のリスク)

取引は現物でも先物でも「買いたい人」と「売りたい人」の両方がいて成立します。仮に市場の規模が小さく、参加者が少ない場合には、売りたい人ばかりで買いたい人が存在しないこともあります。このように取引が成立 …

no image

「外為どっとコム」という業者でできること

「外為どっとコム」は初めての人にとって、操作性とシステムが非常にわかりやすく、1万通貨単位からしか取引を行うことができない業者がほとんどなのが、「外為どっとコム」では1000通貨単位で取引を行うことが …

no image

FXの為替取引は通貨を交換(売買)すること

だれでも日経平均株価などといっしょに為替という言葉を、テレビや新聞などで一度は耳にしたことがあると思います。 しかし、「為替」を説明するとなるとチョット難しいのではないでしょうか。為替の定義は、「現金 …

先頭へ