FXの取引概要

FX証拠金取引のリスク ? (カントリーリスク)

国の信用度に応じてのリスクで、為替独特のリスクともいえます。海外投資を行う場合などに、その国の政治的、経済的、安定度によっても負うリスクは違ってきます。


投資して資金が回収不能になる危険度や、その影響によって、投資した商品の価格が変動することによって損失を被ることがあります。
カントリーリスクは一般的に、途上国において高い傾向にあります。FX証拠金の取引対象は各国の通貨ですが、発展途上国が多い中南米、アジア、アフリカ、中欧の国の通貨を売買する時には、注意しておく必要があると言うことです。

[最終更新日]2007/11/22

-FXの取引概要

関連記事

no image

FX証拠金取引業者選びのポイント ?

最後に取引をする業者の「預け入れる証拠金」「取引単位」「トレードシステム」の基準を見てみましょう。

no image

外貨預金はFXに比べて本当に有利か。

1.手数料はFXが圧倒的に安い。 顧客が外貨預金で円を外貨に交換する場合はTTS(対顧客電信売相場)、外貨預金を解約して外貨から円に交換する場合にはTTB(対顧客電信買相場)と金融機関の為替コストが加 …

no image

「外為どっとコム」という業者でできること

「外為どっとコム」は初めての人にとって、操作性とシステムが非常にわかりやすく、1万通貨単位からしか取引を行うことができない業者がほとんどなのが、「外為どっとコム」では1000通貨単位で取引を行うことが …

no image

魅力的なスワップ金利

FX証拠金取引のスワップ金利は、取引会社で多少異なりますが、10万円で1万ドルの取引を行ったとすると、1日に約150円のスワップ金利を受け取ることができます。しかも、毎日、毎日です。1日に150円と言 …

no image

レバレッジ(てこ)で複利効果を狙う

レバレッジ(leverage)とは挺子(てこ)の意味です。辞書では「借入金によって投資を行い、利子率よりも高い利潤率を見込むこと」とされます。先物取引などで10万円の手持ち資金でも100万円の取引がで …

先頭へ