FXの取引概要

FX証拠金取引のリスク ? (流動性のリスク)

取引は現物でも先物でも「買いたい人」と「売りたい人」の両方がいて成立します。仮に市場の規模が小さく、参加者が少ない場合には、売りたい人ばかりで買いたい人が存在しないこともあります。このように取引が成立しないことを流動性リスクといいます。


流動性リスクが問題になるのは「売買がすぐに成立するか」ということです。その点、為替は一企業の株などと違って、全世界規模の取引であり、市場参加者も多いので、流動性は非常に高いので、流動性によるリスクはきわめて低いといえます。

[最終更新日]2007/11/20

-FXの取引概要

関連記事

no image

通貨ペア

よく知られているのはドル(米ドル)を日本円で売り買いすることです。株と違いFXの取引対象となる通貨ペアは、せいぜい20通貨と限られています。ドル/円だけを売買するなら、その通貨をチェックすればいいわけ …

no image

金利差で稼ぐスワップ取引

地味ですが、毎日あなたの口座に小銭をためてくれる、そんなローリスクの取引がFX証拠金取引です。 そのFXの魅力の第一はスワップ金利です。スワップ金利とは、金利の異なる2種類の通貨を売買(交換)すること …

no image

FX証拠金取引のリスク ? (オンライン取引のセキュリティリスク)

インターネットを利用したオンライン取引では、システムのセキュリティが大きな問題です。取引業者もセキュリティに力を入れ、情報が外部に漏れないように徹底管理すると同時に、投資家自身も情報管理には十分注意し …

no image

魅力的なスワップ金利

FX証拠金取引のスワップ金利は、取引会社で多少異なりますが、10万円で1万ドルの取引を行ったとすると、1日に約150円のスワップ金利を受け取ることができます。しかも、毎日、毎日です。1日に150円と言 …

no image

レバレッジ(てこ)で複利効果を狙う

レバレッジ(leverage)とは挺子(てこ)の意味です。辞書では「借入金によって投資を行い、利子率よりも高い利潤率を見込むこと」とされます。先物取引などで10万円の手持ち資金でも100万円の取引がで …

先頭へ