レバレッジ FXの取引概要

FX証拠金取引のリスク ? (レバレッジリスク)

FX証拠金取引では、業者に預託した証拠金を、数倍の大きな資金として動かすことが可能なレバレッジ効果により、大きな運用率を上げることができます。証拠金が少ないので、勘違いをしてしまいがちですが、資金が大きく膨らんだ分、裏を返せば大きく損する可能性もあるということになります。

このようなレバレッジ効果のある証拠金取引では、全体の資金量を頭において取引をしないと、資金量を超えたリスクで、結果的に自分の首を絞めてしまうことになります。

1ドル=110円が1ドル=100円になれば、1万ドルで10万円の損失になります。そのとき、110万円の資金があるので、10万ドルを取引すれば、100万円の損失になります。

「10円も動くことはない」から100万円も損をすることは「めったにないだろう」などと思っていると必ずワナにはなります。あなたの考えている逆のことが、かなりの確立で起こるのが相場です。

[最終更新日] 2017/05/24

-レバレッジ, FXの取引概要

関連記事

no image

FX証拠金取引のリスク ? (取引口座保全のリスク)

FX取引の口座を開いている取引業者そのものが、破綻してしまうリスクも考えておかなければなりません。取引手数料などの高安に関係なく、取引業者の経営に万が一のことが起こっても、顧客の資産を信託銀行に信託し …

no image

魅力的なスワップ金利

FX証拠金取引のスワップ金利は、取引会社で多少異なりますが、10万円で1万ドルの取引を行ったとすると、1日に約150円のスワップ金利を受け取ることができます。しかも、毎日、毎日です。1日に150円と言 …

no image

FX証拠金取引業者選びのポイント ?

FX証拠金取引を扱っている業者はたくさんあります。その中でも、自分にあった業者を探そうとすると、比較サイトを見るしかないのですが、あまりにもたくさんの選択肢があると逆に困ってしまうものです。

no image

外貨預金はFXに比べて本当に有利か。

1.手数料はFXが圧倒的に安い。 顧客が外貨預金で円を外貨に交換する場合はTTS(対顧客電信売相場)、外貨預金を解約して外貨から円に交換する場合にはTTB(対顧客電信買相場)と金融機関の為替コストが加 …

no image

FX証拠金取引業者選びのポイント ?

これから取引をする業者の何を基準に見ていけばいいのでしょうか。基本的にまず、手数料は「安い方が良い」、スワップ金利は「高いところが良い」、レバレッジは「50倍で十分」、取引単位はほとんどが「1万通貨単 …

先頭へ