レバレッジ FXの取引概要

FX証拠金取引のリスク ? (レバレッジリスク)

FX証拠金取引では、業者に預託した証拠金を、数倍の大きな資金として動かすことが可能なレバレッジ効果により、大きな運用率を上げることができます。証拠金が少ないので、勘違いをしてしまいがちですが、資金が大きく膨らんだ分、裏を返せば大きく損する可能性もあるということになります。

このようなレバレッジ効果のある証拠金取引では、全体の資金量を頭において取引をしないと、資金量を超えたリスクで、結果的に自分の首を絞めてしまうことになります。

1ドル=110円が1ドル=100円になれば、1万ドルで10万円の損失になります。そのとき、110万円の資金があるので、10万ドルを取引すれば、100万円の損失になります。

「10円も動くことはない」から100万円も損をすることは「めったにないだろう」などと思っていると必ずワナにはなります。あなたの考えている逆のことが、かなりの確立で起こるのが相場です。

[最終更新日] 2017/05/24







-レバレッジ, FXの取引概要

先頭へ