ウィルス対策

コンピュータウイルスという言葉を聞いた事があるでしょうか。

コンピュータに感染する、他のコンピュータにうつる、危険、などという話を聞くと、とても怖いもののように思えます。

 パソコンには、最近は初めからウイルス対策ソフトが導入されていることが多いようです。ある日突然、あなたのパソコンが、ウイルスに感染しています!などという警告メッセージを表示したら、あわててしまいますね。


 ウイルスが何かについて、まず考えてみましょう。

 ウイルスとは、パソコンの動作をおかしくしたり、せっかく作成したデータを破壊する目的で作成されたプログラムのことです。

 作成者の誕生日に、ハッピーバースデー♪というメッセージが表示される、なんていうユーモアなものもまれにありますが、たいていは悪意のあるものです。


 ウイルスがあなたのパソコンにコピーされることを、「感染した」といいます。

 ウイルス対策をしていないパソコンでインターネットに接続したりすると、簡単に感染してしまいます。


 ウイルス対策とは、悪意のあるプログラムがパソコンにコピーされないかを監視することとも言えます。

 インターネットや、知り合いのデータをちょっと見るときにひとつひとつ自分で確認するのは大変なので、対策ソフトをインストールしておくと楽チンですね。